スマートフォン用タイトル画像

生命栄養科学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

生命栄養科学科 学科紹介
Department of Nutrition and Life Science

3つのポリシー

教育目的

生命栄養科学科は,食を通じた保健・医療・福祉・食品産業分野における支援と活動により,人々の健康の維持・増進,疾病の予防と治癒,生活の質の向上に貢献できる管理栄養士を養成することを目的とする。

  1. 人々の健康の維持・増進,及び生活の質の向上を目指して,栄養状態と食生活の改善のための支援・活動を実践できる人材を育成する。
  2. 地域社会に暮らすすべての人々の健康の保持・増進のために,積極的な提案ができる展開能力を持つ人材を育成する。
  3. 健康・栄養の課題解決に向けて,多職種や関係機関と協働して活動する人材を育成する。
  4. 新しい健康・食生活に関する情報を常に収集し,科学的根拠に基づき課題の分析・評価・判定ができる人材を育成する。
  5. 食を通して人々の健康と幸福に寄与したいという熱意,並びに管理栄養士としての高い職業意識と責任感を持つ人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

生命栄養科学科の目的に沿って,設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(生命栄養学)の学位を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

  1. 栄養専門職である管理栄養士・栄養士としての心構えを有している。
  2. 心身の健康と栄養・食生活との関わりを理解するための科学的能力を有している。
  3. 地域社会の健康の維持・増進と疾病予防に寄与するための実践的能力を有している。
  4. 医療・福祉・介護において適切な栄養管理や食事提供を行うための実践的能力を有している。
  5. 食と健康に関わる社会的ニーズに対応するための研究能力を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

生命栄養科学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,地域社会に暮らす人々に対し,生命科学に基づいた支援と活動を実践できる管理栄養士・栄養士を養成するため,次のような方針に従って教育課程を編成し実施する。

  • 1年次
    共通基礎科目と教養科目,及び生命栄養科学科の専門基礎科目を通じ,栄養専門職を目指す気持ちを育むとともに,専門科目を理解するために必要な基礎力を培う。
  • 2年次
    生命栄養科学科の専門基礎科目と専門科目を通じ,食と健康に関連する栄養学,食品学及び関連諸科学や社会制度についての専門基礎力を培う。
  • 3年次
    医療・保健・福祉・介護分野における栄養管理プロセス,並びに実践活動の場での学びから,栄養専門職としての専門力と自覚を持つ。さらに,食品の生産・機能・安全に対する理解を深める。
  • 4年次
    卒業研究による課題解決や卒業演習により,栄養専門職としての総合力を修得する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

生命栄養科学科は,食を通じた支援と活動により,地域社会に貢献できる人材を育成するため,次のような人を求めています。

  1. 管理栄養士を目指す強い目的意識を持つ人
  2. 自然科学の基礎知識を習得し,新たな課題への探究心を持つ人
  3. 人の健康に関心を持ち,食・栄養・健康に関する仕事を通じて社会貢献を果たす意欲を持つ人
  4. コミュニケーション能力を有し,これをさらに向上させようとする人

上記のような知識や能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通じて判定を行います。



PAGE TOP