スマートフォン用タイトル画像

生命栄養科学科

生命栄養科学科 
Department of Nutrition and Life Science

学科紹介

幅広い知識と実践力を兼ね備えた
食と健康のスペシャリスト“管理栄養士”を育成

新着情報

8/18 学科ブログ更新 高校生アイデアどんぶり選手権 3.PRタイム 4.表彰式 5.どんぶり写真集 NEW★
 8/10 高校生アイデアどんぶり選手権 1.開会式 2.調理風景 ページ更新 NEW★
 8/9  高校生アイデアどんぶり選手権 NEW★
 7/27 学科ブログ更新「平成29年度 臨地実習出発式」
 7/25 学科ブログ更新「第17回生命工学部公開授業 ~シュークリームがふくらむ!~」 

学科の学び


食と健康に関わる知識と実践力を育成


管理栄養士の対象は“人”です。そのため、科学的事実を相手にわかりやすく伝える能力が求められます。栄養学・食品学・調理学・医学など、“食と健康”に関わる知識と技術を多岐にわたり学習します。また経験豊かな教員による細やかな実践的指導により、専門知識だけでなく総合力や応用力、コミュニケーション能力の育成にも力を入れています。さらに食育、スポーツ栄養、食品の機能性など、現代社会のニーズに応える教育・研究体制を充実させています。

学科の特徴


Point1実践活動の場での実習

3年次には病院や老人福祉施設、保健所、小学校などの栄養管理の実践活動の場で実習を行います。課題発見と解決を通じて、必要な専門的知識の統合を図ります。また、実習の事前・事後教育では、専門職に求められる教養(挨拶や接遇、手紙の書き方、電話のかけ方など)やプレゼンテーション法を学ぶことができ、就職活動にも応用することができます。


Point2国家試験に向けた学習支援

管理栄養士国家試験対策に重点を置き、学年に応じた計画的な対策を行っています。またキャリア教育の一環として、管理栄養士として働く先輩の講演や施設見学を行い、専門職への理解と資格取得へのモチベーションを維持できるようにしています。4年次は国家試験対策授業(前後期・毎日実施)や夏期冬期補習、確認試験、外部講師授業、模擬試験、卒業生による合格体験懇話会を行うなど、多方面からの学習支援を行っています。



Point3地域行事や大学祭で日頃の成果を発表

生命栄養科学科の学生は、地域行事や大学祭などの学内行事に積極的に参加しています。体組成計や骨密度計で健康チェックを行ったり、栄養ミニ講義や食に関する展示を行ったりします。授業で習った知識と技術を実践的に使う場となる他、地域の方々や他学科の学生や教員との交流により、コミュニケーション能力も養われます。

TOPICS


産官学連携企画!学校給食メニュー開発

市民フォーラム「食と健康のライフサイエンス」を開催

地域交流プロジェクトチーム「Nたま」

画像をクリックでトピックスの詳細へ


PAGE TOP