スマートフォン用タイトル画像

メディア・映像学科 > オリジナル > 学科名称変更のお知らせ

メディア・映像学科
Department of Media and Visual Studies

学科名称変更のお知らせ

メディア情報文化学科は平成28年度より「メディア・映像学科」へと学科名称を変更しました!!



情報社会の発展とともに日々変化しているメディア環境を鑑み、メディア情報文化学科は「メディア・映像学科」へと「新化」しました。これまでと同様に映像や写真といったメディアの表現・制作を学ぶとともに、3DCGやアニメーションなどの分野も強化していきます。さらにデザインやコミュニケーションの理論についても学ぶことで、情報を読み解いてメディアで表現し、メッセージを的確に発信できる人材を育てます。これらを社会でも活用できるよう、企画や広報についても実践的に学ぶプログラムを多数用意しています。


学科名称変更に関する学科長からのメッセージはコチラ



更新情報

どんな科目を学ぶの?

カリキュラムは、情報社会の様々な現象を読み解くための知識を学ぶ「社会情報コース」、表現やデザインの知識・技能を修得する「映像表現コース」という形で体系的に組まれています。これらのコース・カリキュラムを横断しながら、情報社会に関する幅広い知識を身につけ、印刷物・CG・Webページ・映像等の新たな時代のメディア制作や研究の方法論を学んでいきます。理論と実践を融合させて相乗効果を生み出すカリキュラムは、本学科の特色のひとつです。


施設・設備


モーションキャプチャシステムや業務用ビデオカメラ、バーチャルスタジオなどの設備をリニューアルし、フル・デジタルで映像合成・編集ができる制作環境も充実しています。

詳しくはコチラのページ(学科の施設・設備)をご覧ください!

学生の活動

ACジャパンCM学生賞では優秀賞・奨励賞を毎年受賞するなど、学外のコンテストに積極的に参加しその実力を証明しています。また、近隣施設やイベントの公式映像やCM制作、展示や映画会の企画、そしてスキルを活かした学内行事での司会進行など、実践的に活動しています。鞆地域のバス停デザインも学生が行いました。

詳しくはコチラのページ(教員・学生の活動)をご覧ください!


PAGE TOP