スマートフォン用タイトル画像

メディア・映像学科 > オリジナル > 卒業研究・卒業制作

メディア・映像学科
Department of Media and Visual Studies

卒業研究・卒業制作

メディア・映像学科では、3年次になると、各自が希望する「ゼミ」に配属され、2年間の研究・作品制作活動を開始します。テーマはゼミ教員と学生が相談して決めますが、基本的には学生の希望に沿ったものになります。




2016年度研究テーマ


  • テレビアニメ『生徒会役員共』における性表現の「自主規制」の方法  -「自主規制」はどのように生まれ、受け入れられるか-
  • 大学生における相補・補完代替医療(CAM)の認識・位置付けとメディアの影響 -大学生へのアンケート調査から-
  • ネオ・ヴィジュアル系バンドのファン研究 -オンライン掲示板から見るファンが求めているもの-
  • 死の受け止め方 -年齢別、余命による死生観の変化-
  • 広島県における留学生の受け入れの現状と取り組みについて -「ひろしま留学大使」に対するアンケート調査とインタビュー調査から-
  • イベント使用のための「うちわ」の製作と考察
  • なぜ大人もポケットモンスターをするのか
  • 脱出ゲームの制作 -単位との戦い-
  • Enchant.jsを使ったゲーム制作 -30 Seconds-
  • LINEスタンプの制作から販売まで -作品を世界へ繋げる新しいシステム-
  • 七つの大罪をモチーフとして人間性と人間感情を表現する
  • 日本における第二外国語教育初級段階の問題点と対策 —福山大学の中国語授業の方向性に関して—
  • 19号館5階CG制作
  • ボーカロイド楽曲およびミュージックビデオの制作
  • 学位終章 BGMの力とはなにか?
  • 既存カードゲーム遊び方解説動画制作 —架空TCG制作—
  • 韓流における韓国四つのバラエティ番組の分析研究 -韓流バラエティ番組の制作手法および日中韓番組の比較-

卒業研究発表会の様子

毎年2月に卒業研究発表会を開催します。学科ブログに発表会の様子がアップされていますのでご覧ください。

・2016年度卒業研究/制作発表会


・2014年度卒業研究発表会


2013年度卒業研究発表会



PAGE TOP