スマートフォン用タイトル画像

メディア・映像学科 > オリジナル > 学科の施設・設備

メディア・映像学科
Department of Media and Visual Studies

学科の施設・設備

メディア・映像学科の施設・設備を紹介します。

バーチャルスタジオ

映像制作の演習などに用いる施設で、スタジオと調整室から成ります。平成26年度に機器を一新しました。

バーチャルスタジオとは、「ビデオカメラの向きやズームの状態を検出するセンサを取り付けたカメラ」と、リアルタイムに画像を生成するCGプロセッサを組み合わせたシステムです。ブルーバックの前で撮影した実写部分と、CGプロセッサがカメラ状態をもとに生成した背景部分を違和感なく合成することができます。


調整室の写真です。テレビ局っぽい、見慣れない機器が並んでいます。初めて使うときは戸惑いますが慣れれば普通に使えるようになります。



スタジオ内部です。業務用カメラが2台あります。



スタジオの外にある音響設備です。これも見慣れない機器ですが、すぐに自由に使えるようになります。


スタジオ外・音響設備

スタジオ外・音響設備

スタジオ外・音響設備

スタジオ外・音響設備


ページのトップへ戻る


撮影機材

本学科にはビデオカメラ、一眼レフカメラ、ウェアラブルカメラなど、様々な撮影機材があり、講義・演習や自主制作活動などで使用しています。


ウェアラブルカメラ(GoPro HERO4)

ウェアラブルカメラ GoPro HERO 4です。6cm×4cm×3cmととても小型ですが、4Kの動画撮影ができるなど、とても高機能です。このカメラについてはこちらのブログ記事を御覧ください。

一眼レフカメラとジンバル(カメラスタビライザー)です。ジンバルは手ブレなどを抑制してくれる機器で、歩きながら動画撮影をしてもほとんど手ブレがなくなります。


ジンバルの効果を確認した動画です。歩きながらの撮影なので、最初は手ブレがすごいのですが、ジンバルのスイッチを入れる(ピピピッと鳴ります)と映像が安定するのが確認できます。


こちらの動画は鞆の浦フィールドワークから帰る際にバスの中から撮影したものです。


撮影風景です。ジンバル使用者を撮影しているカメラにもジンバルがついているのでブレがありません。



ページのトップへ戻る


作品展示室

学科見学に来てくれた方々に学生の作品をたくさん見て欲しいと思い今年度新設しました。学生と教員が壁のペンキ塗りをして作り上げた部屋です。ペンキ塗りの様子が学科のブログにアップされていますので宜しければご覧ください。



ページのトップへ戻る


ミニスタジオ


工作をしたり本格的な写真撮影をする場所です。プロっぽい撮影用のライトもあります。この紹介ページ用の写真を撮りに行ったときにはペーパークラフト?か何かを作成中のようでした。



ページのトップへ戻る


パソコン室

CG・映像・プリントメディア等の制作系の演習やオープンキャンパスの制作演習体験を実施します。



ページのトップへ戻る


グループワーク室


その名の通りグループワークに使用する部屋です。この部屋のみ飲食OKとしていますので、昼食時や講義の合間などに学生が集まる場所となっています。



ページのトップへ戻る


その他


展示スペース


廊下や階段の壁にも学生が作ったポスターや写真、教員が関わっているイベントのチラシなどを貼っています。



自販機


学科の設備ではないですが、19号館横には飲料水やカップめんの自販機も設置されています。雨の日など、コンビニまで行くのが面倒な時に便利です。



ページのトップへ戻る


PAGE TOP