スマートフォン用タイトル画像

機械システム工学科 > オリジナル > 光造形室

機械システム工学科
Department of Mechanical Systems Engineering

光造形室

光造形室には高速光造形機(3次元プリンター)及び造形後の後処理装置一式、光造形データ変換用端末が設置されており、これらの装置を使用することで3次元CADで作成したモデルをそのまま形にすることが可能です。このように本学科では設計から試作(ラピッドプロトタイピング)が可能なこの高速光造形装置を導入し、設計した物を実感できる質の高い設計教育環境を実現しています。

主要設備

■高速光造形機(3次元プリンター)

この装置は、内部に紫外線レーザーに触れると固化する特殊な液状樹脂が充填されており、これに紫外線レーザーを当てることで試作品を造形する、先端的工作機械です。3次元CADデータを光造形データに変換し、そのデータを造形機に送信することで3次元CADでモデリングしたものをそのまま試作できます。


高速光造形機外観

完成品の一例



円盤状のものを造形している様子です。


教育設備一覧に戻る

CAD・CAM室  光造形室  生産加工実習室  自動車実習工場  講義室


PAGE TOP