スマートフォン用タイトル画像

機械システム工学科 > オリジナル > CAD・CAM室

機械システム工学科
Department of Mechanical Systems Engineering

CAD・CAM室

CAD・CAM室は、メカニカルデザイン分野の中枢的役割を担っており、エンジニアリングワークステーション、非接触3次元デジタイザシステム(3次元立体スキャナ)等が完備されています。部屋の正面にはプロジェクターによる大型画面の投影が可能のほか、両側には大型プラズマディスプレイが設置されており、座席後方の学生にも十分に配慮されています。
 なお、この部屋は授業時間以外であれば自由に使えるようになっており、レポートの作成やインターネットでの文献調査、自習等にも利用されています。


CAD・CAM室


■エンジニアリングワークステーション

CAD・CAM室には機械系3次元CAD/CAM/CAEアプリケーション(※)や、Word、Excelといった汎用ソフトウェアが入ったエンジニアリングワークステーション(インターネット接続も可能)が53台配備されており、学生が一人一台、このワークステーションを使用して授業を受けています。

※機械系3次元CAD/CAM/CAEアプリケーション
 ○Creo Elements/Pro Wildfire (ハイエンドCAD/CAM/CAE)
 ○ANSYS Academic Teaching (教育・研究用CAEツール

CADおよびCAEの応用例

■非接触3次元デジタイザシステム


このシステムは、感性を生かせる機械エンジニアの育成のために導入した装置です。製品、部品、実物大模型等の形状を3次元CADデータとして取り込むことが可能で、既製品への新たな機能の追加等による設計変更の際には、この装置でデータを取り込み、3次元CADで修正を加えていきます。


非接触3次元デジタイザシステム

3次元形状データ取り込み画像


教育設備一覧に戻る

CAD・CAM室  光造形室  生産加工実習室  自動車実習工場  講義室


PAGE TOP