スマートフォン用タイトル画像

機械システム工学科

機械システム工学科 
Department of Mechanical Systems Engineering

学科紹介

機械工学はモノづくりの基盤。スキルを磨けば
活躍できる専門領域・産業分野も多彩に!

学科の学び


『ものづくり』の発想力と実践力、技術力を習得


機械システム工学科では、機械システムコースと自動車システムコースを設置し、それぞれ特色あるカリキュラムに基づき、柔軟な発想と実践力のある創造的な技術者の育成を目指しています。

■機械システムコース
 今後飛躍的にテクノロジー革新が期待される機械系専門技術領域にスポットを当てた教育・研究を通じて、社会の多様な人材ニーズに応える柔軟な発想と実践力のあるメカエンジニアを育成するコースです。
【メカニカルデザイン(独立専門教育プログラム)】
 これからの「モノづくり」の人材ニーズに対応するため、独自の4年間一貫した「3次元設計教育プログラム」によって、機械工学の知識・技術をベースに3次元CAD/CAM/CAEを活用できる機械設計・開発エンジニアを目指します。

■自動車システムコース
 機械工学の基礎をベースとし、さらに自動車全般の知識及び技術(自動車工学・自動車技術)を習得して、自動車産業界で活躍できる人材を育成するコースで、2年次で自動車の設計・開発職を目指すカーエンジニア系と、自動車のメンテナンス技術に精通したエンジニアを目指すカーメカニック系に分かれます。本コースでは卒業と同時に二級自動車整備士(ガソリン、ジーゼル)の国家試験受験資格を得ることができます。(所定の講習(別途費用必要)を修了することで実技試験も免除になります)(両系とも取得可)

学科の特徴


Point1一貫した機械設計教育

メカニカルデザイン教育プログラムは機械システムコースの1年次から4年次まで一貫した3次元 CAD/CAM/CAE教育を行い、機械設計・開発能力を有する機械技術者を育成することを目的としています。機械システム工学科の独立専門教育プログラムです。


Point2協調性と実践力を磨く

自動車システムコースの3年生対象の実習『EV創作』では、小型電気自動車の車体(フレーム)の設計・製作、組み立てを行い、チームワークと実践能力を養います。そして、安全性能や走行性能のテストを行い、最終的にはカーレースに出場し、好成績を残すことを目標としています。


Point3充実した教育設備

実験や実習、演習は主にCAD・CAM室や生産加工実習室、自動車実習工場等で行います。CAD・CAM室には最新鋭の3次元CADがインストルーされたワークステーション&ワイドディスプレイが設置されています。生産加工実習室には大型の工作機械(CNC旋盤、マシニングセンタなど)や汎用小型機械が、自動車実習工場には排ガス同時分析型シャシダイナモメータがあり、屋内で自動車の走行性能を計測することができます。

最新 TOPICS


  学科facebook開設!

5年連続就職率100%達成!

手作り電気自動車で四国一周チャレンジ

3次元プリンター(高速光造形機)稼働中!


画像をクリックでトピックスの詳細へ



PAGE TOP