スマートフォン用タイトル画像

海洋生物科学科 > 教員紹介 > 南 卓志

海洋生物科学科
Department of Marine Bio-Science

南 卓志(みなみ たかし)

【職名】

教授

【学位】

農学博士

【専門分野】

水産資源生態学

【担当科目】

魚類の行動と生理、水産資源の生態、沿岸域の水産業、生物餌料の培養法、資源利用育成実習(1)など

【メッセージ】

魚は同じ種類であっても、個体によって様々な性質をもっています。たとえば、成長が早いことや、環境変化に対応する能力が優れていることなどの性質は、飼育のし易さにつながる「育種目標」になります。本来魚がもっている有用な性質を評価する方法や、その性質を左右する環境条件などを調べています。

【リンク】

研究者情報

■水産重要魚種の仔稚魚の調査

瀬戸内海における水産重要魚種の産卵や仔稚魚の分布、発育等の知見を得るために、シラス漁業の混獲物として漁獲される仔稚魚や頭足類幼生、甲殻類幼生を採集し、その出現期を調査しています。また、実習船第二爽風丸を使用して、稚魚網による魚卵・仔稚魚、プランクトンを採集し、その種組成や季節変化を調べています。

「でべら」の名で流通するタマガンゾウビラメ


■瀬戸内海の動物相の研究

瀬戸内海の藻場・沿岸・流れ藻に棲息する魚類、仔稚魚、エビ・アミ類、その他の無脊椎動物について、生物多様性の実態、生活史や種間関係を明らかにする目的で、フィールドでの採集と飼育実験により、種組成や季節変化、成熟・産卵生態、仔稚魚の発育を明らかにします。

プランクトンネットによる採集


教員一覧に戻る

PAGE TOP