スマートフォン用タイトル画像

海洋生物科学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

海洋生物科学科 学科紹介
Department of Marine Bio-Science

3つのポリシー

教育目的

海洋生物科学科は,海を身近なものとして利用し守ってきた知恵に学び,広く社会で活躍できる教養と視野を持ち,実践する力のある社会人を育成することを目的とする。

  1. 食品の開発,衛生管理,製造等の分野で活躍でき,特に水産系食品に強い人材を育成する。
  2. 持続可能な資源管理を見据え,増養殖に関する知識と技能を活用し,水産業で活躍できる人材を育成する。
  3. 生態系に関する知識及び調査の技能を活用して,持続可能な社会の構築に向けて企業・研究機関等の環境部門で活躍できる人材を育成する。
  4. 水生生物の生理,生態に関する知識や飼育,展示,繁殖に関する技能を活用して,種の保存や希少種の保護を視野に含めた飼育・展示・啓発活動を行う施設,研究機関,企業等で活躍できる人材を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

海洋生物科学科の目的に沿って,設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(生命工学)の学位を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

  1. 海洋環境と生物に関する基礎知識を持ち,海洋生態系の成り立ちを理解している。
  2. 海洋環境の保全と海洋資源の持続的な利用に関連する諸課題を明らかにできる。
  3. 社会・文化・自然の多様性を尊重し,幅広い教養に基づいた判断力と広い視野を有している。
  4. 自ら目標を設定し,課題解決に向けて計画を立てて実行する力を有している。
  5. 研究成果を発表する豊かな表現力を有している。
  6. 他者を尊重し,円滑にコミュニケーションを図ることができる。
  7. 自然科学に対する興味や関心を持ち続け,自主的・継続的に学習することができる。
  8. さらに以下のコース別資質のいずれかを修得している。
  9. (資源利用育成コース)持続可能な資源管理を見据え、増養殖に関する専門的な知識と技能
    (フィールド生態環境コース)生態系に関する知識および環境調査のための専門的な知識と技能
    (アクアリウム科学コース)水生生物の生理、生態に関する知識や飼育、展示、繁殖に関する専門的な知識と技能
    (水産食品科学)食品の開発、衛生管理、製造等の分野に関する専門的な知識と技能

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

海洋生物科学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,海を身近なものとして利用し守ってきた知恵に学び,広く社会で活躍できる教養と視野を持ち,実践する力のある社会人を養成するために,次のような方針に従って教育課程を編成し実施する。


・・・1年次・・・
共通教育科目及び海洋生物科学科の専門基礎科目と専門科目を通じ,海洋の生物と環境について理解するために必要な基礎知識,技術を修得している。

・・・2年次・・・
海洋生物科学科の専門基礎科目と専門科目を通じ,海洋の生物と環境の特性についての理解を基に,自らの興味,関心のある専門分野に進むために必要な基礎知識,技術を修得している。

・・・3年次・・・
海洋生物科学科の専門科目(主に各コースの選択必修・必修科目)を通じ,海洋生物の育成及び育種,沿岸生態系の調査及び保全,水生生物の飼育及び展示,水産食品の開発及び衛生管理,のいずれかの分野を柱とした専門知識,技術を修得している。

・・・4年次・・・
卒業研究を通じ,海洋の生物と環境を取り巻く諸問題を解決するために,あるいは海洋資源を有効に利用するために必要な課題解決能力を向上させ,広く社会で活躍できるための基礎力を修得している。

アドミッションポリシー

海洋生物科学科は,海洋の生物と環境についての深い理解に基づいて,海洋の環境と生態系の保全,あるいは海洋生物資源の持続可能な利用に主体的に取り組み,循環型社会の構築に貢献できる人材を育成します。このため,海洋生物科学科では次のような人を求めています。

  1. 海の生物や環境に強い関心を持っている人
  2. 生命を尊重し,自然を敬うことができる人
  3. 将来の目標を明確に定め,その目標にチャレンジしようとする意志を持つ人
  4. 自らの可能性を信じ,目標の達成のために継続的に学修することができる人
  5. 豊かな社会の実現のために貢献する意欲を持っている人

上記のような知識と能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通して判定を行います。


PAGE TOP