スマートフォン用タイトル画像

生命工学部 > オリジナル > 研究・社会連携

生命工学部 オリジナル
Faculty of Life Science and Biotechnology

研究・社会連携

◆日本バイオロギング研究会 第13回シンポジウムを11月に宮地茂記念館で開催!
 平成29年11月10,11日(金、土)の2日間、福山大学宮地茂記念館において日本バイオロギング研究会 第13回シンポジウムが開催されます。この学会が福山で開催されるのは初めてで、世話人は海洋生物科学科の渡辺伸一准教授です。今年のテーマは『10年後のバイオロギング:バイオロギングはどう発展するのか?』で、この分野の代表的な研究者が講演されます。またコーディネーターとして山根一真氏も参加されます。精しくはこちらをご覧下さい。

◆第111回 岡山県医用工学研究会 平成29年度第1回セミナーで佐藤准教授が講演   終了
 平成29年6月16日(金)午後1時半から午後7時まで、岡山大学鹿田キャンパス臨床講義棟2階、第二講義室で開催された同セミナーで、生物工学科の佐藤准教授が講演されました。岡山県医用工学研究会とはその名の如く、医用工学に関する研鑽や情報交換を行い、岡山県の医療産業技術の発展に寄与するため平成4年に設立された団体で、二重の意味でのアウェイ講演でした。精しくはこちらをご覧下さい。

◆日本応用糖質科学会 平成28年度大会(第65回)& 応用糖質科学シンポジウム in 福山   終了
 同学会が平成28年9月14日(水)~16日(金)にかけて、福山大学宮地茂記念館を中心に行われました。同大会の実行委員長は井ノ内生命工学部長でした。また9月15日(木)には、山本覚教授、吉﨑ワイン醸造所長、久冨生物工学科長によるご当地シンポジウム「福山六次産業化への取組み」が開催されました。 詳しくはこちらをご覧下さい。

◆生物工学科・佐藤淳准教授が、日本哺乳類学会論文賞を受賞
 生物工学科の佐藤淳准教授が、日本哺乳類学会論文賞を受賞し、札幌市で開催された日本哺乳類学会大会にて授賞式が行われました。本論文は福山大学そのものを舞台として、大学が出来たことによってそこに生息するアカネズミ集団の遺伝的多様性が失われたことを明らかにしたものです。この研究では、その高い教育的価値も同時に評価されました。 こちら

◆福山大学ワインプロジェクト 日本生物工学会誌に掲載
 平成28年度生命工学(生物工学科・生命栄養科学科)編入学試験について、募集要項やポスターを掲載しました。 こちら

◆生物工学科の広岡和丈准教授が、日本農芸化学会『農芸化学奨励賞』を受賞されました。
  業績表題は『植物の生育促進への利用に資する、枯草菌の転写応答機構の研究』です。
  詳細は学会ホームページをご覧下さい。 こちら     研究室HPはこちら

◆海洋生物科学科 渡辺先生の研究が、国内外のマスメディアに取り上げられました。(以下のリンク)
 研究内容は「コウテイペンギンの食餌行動」に関するものです。
 Eurekalert  OurAmaginPlanet  ScienceDaily  LiveScience  MSN NBC
 沖縄タイムス  中国新聞  日本経済新聞  時事通信  毎日新聞
  研究の詳細は、渡辺先生のホームページをご覧下さい。


生命工学部関連刊行物(CiNiiへリンク)

 ・福山大学生命工学部研究年報

 ・福山大学付属内海生物資源研究所報告(1~8)

 ・福山大学内海生物資源研究所報告(9~ )

PAGE TOP