スマートフォン用タイトル画像

生命工学部 > 学部紹介 > 学部紹介

生命工学部 学部紹介
Faculty of Life Science and Biotechnology

学部紹介

生き物全部が学びのターゲット。
生命への驚きと感動が、未来への扉を開く。

学部の目的

生命工学部は、生命の仕組みを解明し、生物資源、環境、栄養・健康など人類の抱える諸問題を解決する理論、技術、手法に関する教育・研究を行います。これらを通して、社会の養成に応えうる確かな能力を備えた人材の養成を目的としています。


学部の特色

■系統的に学ぶ、知識と技術

1年次では生物学などの自然科学の基礎学習が中心となります。2・3年次になると。生命の仕組み、環境と生態、食と健康などのさまざまなテーマについて、お互いを関連づけて学んでいきます。修得した専門知識を4年次の卒業研究・資格取得につなげていきます。


■高度な設備を持つ充実した研究環境

グリーンサイエンス研究センターや内海生物資源研究所といった、中国地方屈指の設備をもった施設では、充実した研究環境でさまざまな機器を駆使して興味をもった研究テーマに存分に取り組むことができます。


■自分の興味に合った、学科・コース・研究室を選ぶことができる

生命工学部では、陸と海にいる、微生物からヒトまでのさまざまな生き物を研究対象としています。また、研究テーマに取り組む視点も、生き物の仕組み、食と健康、生態と環境とさまざまです。自分の興味に合わせて、学科・コース・研究室を選び、希望のキャリアパスに進むことができます。


学科紹介

  • 生命工学部からのお知らせはこちら

Topics

                                          新着!


◆平成29年度 文部科学省私立大学研究ブランディング事業に選定されました!

生命工学部の教員が中心となって申請していました研究プロジェクト『瀬戸内海 しまなみ沿岸生態系に眠る多面的機能の解明と産業支援・教育』が、文部科学省の平成29年度私立大学研究ブランディング事業に選定されました。 こちら(文部科学省のページ、PDF) 
研究内容は、福山大学グリーンサイエンス研究センターのホームページなどをご覧下さい。  

◆第1回ツネイシカップ英語プレゼンテーション大会で海洋3年の萩君が優勝!

平成29年11月11日(土)、福山市立大学港輝祭(大学祭)で開催されました「第1回ツネイシカップ 英語プレゼンテーション大会」において、海洋生物科学科3年生の萩龍太郎君が最優秀賞(優勝)に輝きました。スピーチタイトルは"Adopting Entomophagy for the Future"で、「皆さん虫を食べましょう!」というものでした。どうもおめでとうございます。


◆日本バイオロギング研究会 第13回シンポジウム(宮地茂記念館)

平成29年11月10日、11日(金・土)の2日間、第13回日本バイオロギング研究会大会が福山大学宮地茂記念館で開催されました。実行委員長は渡辺伸一准教授(海洋生物科学科)で、大変盛り上がった素晴らしい会でした。その様子はこちらをご覧下さい。

◆海洋・有瀧先生の「テッポウギス養殖」 NHK広島放送局の『お好みワイド』に登場 

海洋生物科学科の有瀧教授が、因島にあるマリンバイオセンターで行っている大型シロギスの養殖『福山大学テッポウギス養殖プロジェクト』が、NHK広島放送局の『お好みワイド』に登場しました(放映日は11月10日の金曜日、時間は18時10分から19時の中の6分間でした。)こちらをご覧下さい。

◆栄養・平成29年度 市民フォーラム 食と健康のライフサイエンス 11月18日(土)開催

毎回、一般の方や栄養士、食品関連企業の皆様に多くの参加をいただいている市民フォーラムですが、第2回は「食中毒に気を付けよう」をテーマに、11/18(土) 14:00~16:00(受付 13:30~)、福山駅前の宮地茂記念館で開催します。詳細やお申込みはこちらからどうぞ! ※事前申込なしの、当日参加もOKです。

◆栄養・3年生がカゴメ㈱様とコラボ! 学校給食メニュー開発

カゴメ(株)様(産業)、福山市(官)、福山大学(学)が連携し、地元食材を使用した福山市の学校給食メニュー開発を行いました。学生が考案したレシピから、「くわいの揚げ肉団子」が2017年12月12日(火)の小学校給食にて提供される予定です! 試食会の様子はこちらをご覧ください。


◆生物工・佐藤准教授 オーストラリア・アデレード大学に海外派遣

生物工学科・動物学研究室の佐藤淳准教授が、2017年9月から1年間の予定でオーストラリア・南オーストラリア州のアデレード大学に研究派遣中です。 アデレード大学では次世代シーケンサ技術を用いた動物の進化学的研究(生態学、生物多様性研究など)を行っています。

◆嶋田拓・元海洋生物工学科学科長が日本動物学会の名誉会員に

2000年から2008年まで海洋生物工学科で教授・学科長などをお勤めになられた嶋田拓先生が、この度日本動物学会の名誉会員になられることになりました。 嶋田拓先生は、動物の初期発生における細胞分裂の調節機構、遺伝子の組織特異的発現制御機構、転写活性化機構および抑制機構、原腸形成の遺伝子機構について研究を行い、特に、ウニ胚アリールスルファターゼ遺伝子をモデルとした、初期発生における遺伝子の発生時期特異的・組織特異的発現を調節する転写調節因子カスケードの解明で高く評価され、本研究は上流に存在するエンハンサー領域およびインスレ−ター領域の解明、クロマチンの高次活性化機構の研究へと発展したとの事です。

◆「バラの酵母」で作った福山大学ワイン『さんぞうの赤』が発売されました!

詳しくは、学長室ブログをご覧下さい。 こちらも。

◆生物工学科学生が駐日ブルガリア大使と交流(山陽新聞)

詳しくはこちらをご覧下さい。

生命工学部関連ソーシャルサイトの紹介


生命工学部同窓会Facebookページ

生物工学科Facebookページ

生命栄養科学科ブログ

海洋動物行動学研究室Facebookページ

瀬戸内 里山・里海 生態系PJ

沿岸資源培養学研究室Facebookページ


PAGE TOP