スマートフォン用タイトル画像

国際経済学科 > オリジナル > 国際経済学科OBインタビュー

国際経済学科 オリジナル
Department of International Economics

国際経済学科OBインタビュー

中国で活躍されている国際経済学科OBと対談して来ました!

5月24日・25日、経済学部税務会計学科長・許教授と国際経済学科・萩野は、福山大学への留学説明や志願者面接のため、中国山西省の臨汾にある山西師範大学を訪問しました。その際、本学経済学部国際経済学科出身で同大学の日本語教師をされている永田奏さんにお会いしました。


許教授による留学説明の模様


その後、広州技術師範学院訪問を経て貴州省に入り、凱里学院、貴州師範大学を訪問しました。ここでは、同じく国際経済学科出身で凱里学院の日本語教師をされている楊麗英さんにお会いしました。お二人のOB・OGのお話しはとても面白く勉強になりましたので、対談内容を報告します。


1.永田奏さんとの対談


許教授と永田さん

(許教授)おはようございます。朝早くからお呼び立てしてすみません。
(永田さん)こちらこそ、留学生面接でお忙しい中時間を取って頂き、ありがとうございます。面接相手は、私の日本語クラスの学生たちですので、よろしくお願いします。

(萩野)今、山西師範大学で日本語教師をされているのですね。なぜ、中国に来られたのか、その経緯から教えて下さい。
(永田さん)国際経済学科に中国人留学生の友人がいて、いろいろ中国の話を聞くうちに一度行ってみようと思っていました。私は、2003年に卒業した後、カナダに留学したのですが、それを機に、もっと世界を知りたいと思うようになったということもあります。

(萩野)留学生と話をしていて、中国が好きになったのですか?
(永田さん)いえ、そういう訳ではなくて、むしろ中国があまり好きになれなかったのです。ただ、中国人留学生とは、友人として仲良く付き合っていましたし、中国のことを何もしらないで好き嫌いを言うのは良くないだろうと思い立ち、中国行きを決めたのです。そんな軽い気持ちで来たのが、なぜか10年も経ってしまいました。不思議なものです。

(萩野)百聞は一見にしかずということですね。それで、2006年に中国に来て、何をされたのですか?
(永田さん)上海の日本語学校で教師をしました。
(萩野)うまく教えられましたか?
(永田さん)その学校は、1年で日本語をマスターさせるスパルタ校だったので、教える方も大変でした。日々授業の準備に追われ、教科書に追いかけられる夢を毎日見ました。しまいには、胃腸の調子をおかしくしてしまい、入院しました。


エコノミストでもある永田さん

(萩野)どこが悪かったのですか?
(永田さん)それが、何人もの先生に見てもらったのですが、原因がわからなかったのです。でも、2週間入院したら、なぜか治りました。ストレスが原因ですかね。

(萩野)随分野性的な感じですね。でもその後は順調に?
(永田さん)それが、そのスパルタ校が、授業料を大幅に値上げした結果、学生が激減して経営が立ち行かなくなりました。最後には、先生もほとんど解雇されて、自分一人しか残っていませんでした。この先どうしようかと思っている時、知り合いから山西師範学校の日本語教師の口を紹介されたのです。渡中後、7年が経っていました。

(萩野)泥舟と一緒に沈んで行くなんて、男気がありますね。ところで、中国をあまり好きでなかった永田さんは、今、中国のことをどう思っていますか?
(永田さん)面白い、と思います。それは、中国という国が、人によって良くもなれば悪くもなるからです。私が上海にいる頃、新築の高層マンションが倒壊するということがありました。これは、建設業者が少しずつ材料を節約したり、手抜きをしたりしてフニャフニャの高層マンションをつくったということなのですが、一部が袖の下として政府幹部に渡っていました。中国では、こういうことが至るとこで起こっていて、人をきちんと教育すれば社会全体がもっと良くなって行くのにと、歯がゆく思います。一方で、起業してどんどん新たなものを 創り出して行く人もいて、ワクワクすることも多いです。

(萩野)中国語が相当上達されたのではないですか?
(永田さん)生活に苦労しない程度です。実は、日本語学校の先輩から、中国語を勉強し過ぎると授業でどうしても中国語を話したくなってしまって、日本語教育のうえでは良くないと聞き、以来、中国語は耳から入ったものを真似して話すくらいしかしないようにしています。


汾川沿いから見た臨汾市

(萩野)意図的に力を抜くなんて、プロフェッショナルだと思います。そのノウハウ、福山大学の教員にも伝えておきます。ところで、国際経済学科では、今年からトップテンというプログラムの下、優秀な学生を海外での問題解決に押し出していくことにしたのですが、何かアドバイスを頂けませんか?
(永田さん)そうですねえ。世界には解決すべき問題がゴロゴロしていますので、積極的に取り組んで欲しいです。例えば、山西省臨粉市は、石炭産業に依存していたのですが、大都市圏の経済圏に加わるべく、新たな産業の育成に取り組んでいます。その一つが、山西師範大学が得意とする化学産業です。日本の化学産業は石油がベースなのですが、中国では、石炭が多く取れるので、石炭をベースにした化学産業に発展の余地があります。日本の化学メーカーがこの分野に取り組む余地はないのか、山西省に進出することはできなのか、といった課題が考えられると思います。

(萩野)ありがとうございます。何か、すごく知的好奇心が掻き立てられますね。山西師範大学に学生を連れて研究してみたくなりました。
(永田さん)是非おいで下さい。私は、外国人研究員用のアパートに住んでいますが、そこに滞在しながら、じっくり企業訪問などをされると良いと思います。公園に面した2LDKのアパートで、快適ですよ。それと、臨粉は、春秋戦国時代の晋の都・開陽があったところで、また、伝説上の最古の王国・堯の都もあったと言われていて、名所旧跡に事欠きません。

(萩野)魅力的ですねえ。一点気になるのは、山西省は内陸地なので、毎日瀬戸内海を見て生活している人間が息苦しくならないかということです。
(永田さん)自分は、生まれが佐世保の海沿いなので、海しか見てこなかったのですが、大丈夫です。ひとつには、平原が広大なので、あまり海のことは気にならないということもあるでしょうし、また、汾川という大河が近くにあるというのもあるでしょう。私は、毎日、汾川沿いを3時間以上歩いていて、大変心地良いです。

(萩野)健康的な生活ですね。最後に、後輩にアドバイスをお願いします。
(永田さん)勇気を出して、日本の外に踏み出して欲しいです。日本ではできない経験ができます。私としては、とにかく、面白い!と言えるような人やでき事に巡り合えることほど、幸せなことはないと思います。





楊麗英さんと1歳9か月の長男

2.楊麗英さんとの対談

(許教授)空港まで迎えに来て頂きありがとうございます。しばらく見ないうちに、息子さん、大きくなられましたね。
(楊さん)ありがとうございます。一人であちこちに行くようになってきたので、働きながら子育てするのも大変になってきました。

(萩野)ご主人と交代で面倒をみられているのですか?
(楊さん)いえ、主人は貴州省の州都である貴陽市で働いていますので、週末だけ面倒をみてくれます。

(萩野)週末婚、ロマンチックですね。ご主人とは、こちらで出会われたのですか?
(楊さん)ええ、2012年に日本留学を終えて中国・貴州省に戻り、凱里学院の日本語教師になったのですが、その後、ご縁を頂きました。

(萩野)日本留学時の思い出は何ですか?
(楊さん)そうですねえ、下宿の大家さんや、バイト先の飲食店の店長が優しく面倒を見てくれたことですかね。もちろん、福山大学経済学部の講義は大変ためになりましたよ。

(萩野)同僚には、そのように伝えておきます。でも、日本語の教師になるためには、国際経済学科の勉強だけで十分だったのですか?
(楊さん)いえ、その後、尾道市立大学の大学院で日本文学を学びました。残念ながら、福山大学人間文化学科では大学院での開講がありませんでしたので。でも、福山大学と契約している下宿には、ずっといさせて頂きました。

(萩野)大学院の卒業論文では、特定の日本文学を取り上げたのですか?
(楊さん)はい。森鴎外の「舞姫」が卒論のテーマでした。

(萩野)舞姫は、政府留学でベルリンに来た豊太郎が、ドイツ人の踊り子エリスと恋仲になり、政府でのキャリアを捨ててエリスと同棲を始めたけれど、人生のチャンスをつかんでエリスを捨てて日本に帰国する、といったストーリーでしたね。留学先での寂しさなど、通じるものがあったのでしょうか。寂しいといえば、空港からここまでくる間、山間に打ち捨てられたような屋敷を多く見て、寂しい気持ちになりました。何が起こっているのですか?
(楊)若い人が沿岸部に出稼ぎに行って、老人ばかりの村になり、その後若い人が帰ってきても、出稼ぎで貯めたお金で市内のマンションを買って、年老いた両親と共に住もうとするので、山間の廃村が増えています。

(萩野)中国では、上海や広州といった沿岸部が経済発展した一方、貴州省をはじめとする西部の経済発展が遅れ、まるで先進国と発展途上国の関係のようだと聞きます。しかし、中国政府や貴州省府は、手をこまねいて見ているだけなのですか?
(楊さん)もちろん、中国政府は、西部開発のために大規模な公共投資を行っており、貴州省の道路事情は大変改善しています。そのために雇用も増え、今では、沿岸部に出稼ぎに行かなくても、地元の建設工事に従事することで十分な所得が得られるようになっています。

(萩野)なるほど、でも公共投資ばかりに頼っていては、貴州省に自律的な経済は生まれないでしょう。
(楊さん)貴州省には、少数民族であるミャオ族やトン族の村があり、また、山間部にあるため空気や水がきれいで風光明媚なところも多いので、観光業が発達しています。貴州省政府としては、観光業をさらに発達させようとしているのですが、そのためには、汚れた空気や水を排出するような製造業を誘致するのは得策ではないと考えています。


ミャオ族の村

ミャオ族の踊り

(萩野)でも、観光だけでは...
(楊さん)その通りです。そこで、貴州省府としては、自然を汚さないソフトウェア産業の育成に力を入れています。特に今、ビッグデータを利用したビジネスの開発が世界的に進められていますので、ここ数年、貴州省府は、ビッグデータのコンファレンスを頻繁に開催していますし、大学では、ビッグデータ学院といった専門研究部署を創設する動きが出てきています。

(萩野)面白いですねえ。福山大学では、備後地方の里海・里山を維持しながら、経済発展を実現するにはどうしたら良いか、といったテーマを大学全体で取り組もうとしているのですが、大変参考になるケースです。
(楊さん)是非、貴州省に来て研究に取り組んでください。福山大学に留学に行く貴州省の学生にも関わってもらうと面白いかもしれませんね。

(萩野)ありがとうございます。最後に、福山大学にいる留学生に、アドバイスをお願いします。
(楊さん)福山大学で学ぶと、日本語は飛躍的に上達するでしょう。一方で、日本人と話す機会が増えると「なぜか話が通じないなあ」と思う機会も増えて行くと思います。それは、日本人の考え方が分かっていないからです。それも勉強です。言葉だけでなく考え方についても理解を深めて、日本語でのコミュニケーション力を高めて行って欲しいと思います。



<追申>
今回、訪問先では、「国際収支統計から付加価値貿易指標へ」との題目で国際経済の講義を行い、留学志願者のみならず、経済学院の先生や学生の皆さんと活発な議論をして来ました。また、山西師範大学や貴州師範大学では、今後の学術・学生交流を一層活性化させて行く方針を共有しました。今後、これらの地で福山大学の教員や学生が研究・研修を行えるよう、具体的な計画を立てて行きたいと思います。


講義は日本語(許教授が中国語に通訳)で行いました

最後に、許教授と萩野は、貴州師範大学体育学院も訪問し、研究生の高峰さん(女性、左ペンホルダー、ラバー表・裏)と常思祺(男性、右シェークハンド、ラバー裏・裏)に、卓球のお手合わせをして頂きました。不肖萩野は、常さんから1セットを取ったものの、その後本気を出され大敗、ペン裏面ドライブ(中国が開発した技)を巧みに繰り出す高さんからは、1セットも取れませんでした。この借りは、いつの日か、福山大学・卓球部の学生の皆さんに返してもらうことにしましょう。


萩野(手前左側)と許教授(奥左側)奮戦中

萩野(右側)大敗後

5点先取からは手も足も出ず(ゲームは11点先取)


PAGE TOP