スマートフォン用タイトル画像

国際経済学科 > オリジナル > トップ10カリキュラム

国際経済学科 オリジナル
Department of International Economics

トップ10カリキュラム

学生がグローバル人材として成長することのできるプログラム


若いうちの海外体験は極めて重要です。しかも、国際ビジネスの現場をつぶさに見た人材は、これからの日本にとって最も重要な存在です。なぜなら現在の日本の企業は、大企業はもとより中小企業まで海外展開をしているからです。多くの企業はグローバル人材を強く求めています。グローバル人材となることは、優良企業への就職の可能性を高めるのみならず、就職後の活躍の可能性を広げます。グローバル人材に必要な資質は、語学もさることながら、伝えるべき内容を持っていること、国際ビジネスの現場を知っていること、異文化への共感を持っていること、等です。こうしたことは、着実な努力と体験を積み重ねて行けば、決して困難なことではありません。


国際経済学科は「グローバル人材の育成」を重視していますが、そのための教育強化システムとして平成28年度から新たに導入するカリキュラムがトップ10(テン)カリキュラムです。トップ10カリキュラムでは、全員が海外体験を持ち、国際ビジネスの現場を知り、その体験を講義や演習と有機的に結び付けることによって知識と応用力を身につけ、国際化時代に求められる資質を持った学生を育成します。


トップ10カリキュラムでは、国際経済学科の成績優秀者10名程度の学生を手厚い助成金付きで海外に派遣します(意欲と能力のある学生が増えれば対象者を更に増やします)。事前の準備学習、海外企業への訪問、海外の大学生との交流等を4週間程度かけて行います。日本国内の状況を踏まえ、外国の実情を知り、日系企業等の現地企業の現場を訪れ、様々な面から海外研修の体験を積みます。この海外体験により、学生は心身共に見違えるようにたくましく成長することができるでしょう。行き先は、欧米、東南アジアそして中国のいずれかです。その派遣する学生に対して、旅費・滞在費の半額を大学が補助します。この海外研修をより実り多いものとするために、海外渡航前には訪問先の国の政治・経済状況、現地訪問企業の事業内容、産業動向などに関する学修機会を設けます。研修後には海外研修体験をレポートにまとめて報告します。それを卒業研究の基礎となるように位置づけをします。


トップ10に選抜されるためには、入学時点でトップ10に参加する意思表示をし、2年次以降の海外実習に向けた準備を積み重ねることが望ましいですが、入学後に熱意を持って勉学に励んだ者にもトップ10参加のチャンスが与えられます。

 現在実施している海外研修の例を下記に紹介します。トップ10カリキュラムでは質量ともに更に充実したプログラムを用意します。




フィリピン研修


アジア開発銀行、世界銀行、在フィリピン日系企業等を訪問しました。アジア開発銀行や世界銀行ではスタッフから直々に説明を受け、討論をしました。

2014年フィリピン研修レポート (※PDFファイル)
2015年フィリピン研修レポート (※学長室ブログ)
2016年フィリピン研修レポート (※学長室ブログ)

大学連携事業海外研修


広島県東部4大学が連携してグローバル人材育成を目的とした国際経営の講義を提供しています。福山大学が主幹校です。著名な国際経営の専門家からの講義、地元企業によるケーススタディを一学期分学びます。社会人の参加も可能で、活発に討論をします。去年は、講義終了後に1週間のベトナム海外研修(旅費・滞在費半額補助有り)をし、学んだことを自分の目で確認しました。

2014年度ベトナム海外研修レポート (※PDFファイル)
2015年度ベトナム海外研修レポート (※PDFファイル)

※大学連携による新たな教育プログラム開発・実施事業ホームページはコチラ

交換留学


提携大学であるブルガリア・ソフィア大学に半年から1年間の留学が可能です。留学に出発するまでは、「英語が出来ない」「銀行からどうやってお金をおろすの?」「空港からソフィア大学までどう行ったらいいの?」「下宿は?」と様々な不安や“?”が並びます。半分泣き顔で飛行機に乗り込みますが、留学から帰って来ると、「もう一度行きたい!」「ソフィアは我が故郷!」と大変身します。

国際交流課ホームページ

海外研修


インドネシアのバリ島で語学を学び、現地大学生(サラスワティ外国語大学)と交流をし、現地でボランティア活動などを実施しています。写真はサラスワティ外国語大学の学生との交流風景です。皆さんすぐ仲良くなります。この夏から、バリ島のリゾートホテルで半年間の海外インターンシップにチャレンジしている学生がいます。半年後には大きく成長していると思います。その姿を見るのが楽しみです。

インドネシア・バリ島研修2014 (※学長室ブログ)
インドネシア・バリ島研修2015 (※学長室ブログ)
インドネシア・バリ島研修2016 (※学長室ブログ)


PAGE TOP