スマートフォン用タイトル画像

国際経済学科 > 教員紹介 > Bisset Ian James

国際経済学科 教員紹介
Department of International Economics

Bisset Ian James(ビセット イアン ジェームス)

【職名】

准教授

【学位】

博士

【専門分野】

アジア太平洋学

【担当科目】

国際金融論、英語で学ぶ国際経済、 ビジネス英語、英語ゼミナール

【メッセージ】

私が経済学を学び始めたとき、経済学は好きではなかった。それは非常に難しく感じ、多くの専門用語が出てきました。しかし、金融業界で約10年間働いた後感じたのは、A)経済学自体は難しくない、B)使用される専門用語が理解の妨げとなることがある、という2点です。英語でも日本語でもない「経済語」です。私は、皆さんが「経済語」の理解を深め、金融リテラシーを向上できるようお手伝いします。

■日本のFDI と FPI について

私の研究は、日本、投資、開発に焦点を当てています。 1997年のアジア金融危機を研究しながら、途上国における現地通貨金融市場の重要性を認識しました。これは、日本が、アジアを中心とした途上国への直接投資にいかに成功したかを知ることにつながりました。これは1990年代半ばの橋本内閣の「Big Bang」改革につながり、日本の金融リテラシーの体系的な問題はどうして解決されないのか。私の博士論文では、「Big Bang」改革後の日本の投資信託の投資パターンを調べました。


■研究における疑問に答える新しい方法論

「内容分析」やその他の「データマイニング」技術は、経済学における新しい方法論です。 研究の質問に答えるためにこれらの方法を使用することは非常に興味深いです。 最近、内容分析を使用して、日本の投資家がさまざまな国に投資する際どれだけ情報にアクセスすることができるのかを調べました。 これは、観察される対外(外国に対する)バイアスの原因をよりよく特定するために使用されます。 今は「ビッグデータ」の時代です。だから私たちは皆、それをもっとよく理解するべきです!


教員一覧に戻る

PAGE TOP