スマートフォン用タイトル画像

国際経済学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

国際経済学科 学科紹介
Department of International Economics

3つのポリシー

教育目的

国際経済学科は,国際的な視野と実践能力を持つ人材を育成することを目的とする。

1.広い視野と実践能力を持ち,経済や組織体の仕組みや運営に十分な理解を有する者を育成する。
2.基本的な経済理論・政策と日本経済を知ったうえで,欧米,中国,東アジアの三極の少なくとも一つに十分な理解を持つ者を育成する。
3.国際経済を日本経済との関わりでとらえることができ,それを社会に活かすスキルを持つ者を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

国際経済学科の目的に沿って設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(経済学)を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

1.経済学及び国際経済を深く知っている。
2.上記1を基礎として,中国,東アジア,あるいは欧米の経済への深い理解を有している。
3.他国の経済と日本経済との対比が十分できる。
4.上記1,2,3で身に付けたものをビジネスに活かすことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際経済学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,欧米,中国及び東南アジアに関する科目として,これら地域の国々と日本の結びつきを経済面からとらえる科目を設置する。英語及び中国語については語学関連科目を豊富に提供しているので十分な学習機会が設けられている。国際経済学科のグローバル人材育成のために,3週間の海外研修をともなうトップテンカリキュラムを用意している。以上につき,次のような方針に従って教育課程を編成し実施する。

・・・1年次・・・
基礎学力を補強しつつ,専門基礎科目である「マクロ経済学」,「ミクロ経済学」,「基礎簿記」の学習を通して国際経済学の基礎を学び,共通教育科目である「日本語表現法」で表現力を養い,生きる・学ぶ動機づけを見つける。

・・・2年次・・・
国際経済専門科目である「中国経済論」,「開発経済学」等により専門分野の基礎学力を養い,「英語マスター」,「中国語マスター」により語学力を磨き,「英語ゼミナール」「海外インターンシップ」等を通してグローバル人材の素養を身に付け,国際人としての自覚を持つ。

・・・3年次・・・
国際経済専門科目である「貿易概論」,「オープンマクロ経済学」等の学びを通して専門分野の学力を養い,「経済学演習Ⅰ」により討論力を育て,専門科目を通してグローバル人材としての基礎知識を修得している。

・・・4年次・・・
専門科目の集大成となる「経済学演習Ⅱ」及び「卒業論文」を通して,自分の専門分野を極めると同時に,自己実現に向けて真のグローバル人材としての資質を培う。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

国際経済学科は,グローバル時代のビジネスパーソンに求められる経済問題の把握・分析をする実践的な能力や外国語能力を修得し,企業人又は公務員として活躍し,多面的に海外との関係の深い地域社会の発展に貢献する人材を育成します。そこで,国際経済学科では,次のような人を求めています。

1.企業の国際関連部門や海外で活躍することを目指す人
2.グローバルな視点で民間企業で活躍し,地域経済の発展に貢献することを目指す人
3.「公民」の高校教師,「社会」の中学校教師として地域の発展に貢献することを目指す人
4.大学院に進学し,より高度な専門知識を修得することを目指す人

上記のような知識や能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通して判定を行います。


PAGE TOP