スマートフォン用タイトル画像

情報工学科 > オリジナル > 学科教員(占部 逸正:ITSUMASA Urabe)

情報工学科 オリジナル
Department of Computer Science

学科教員(占部 逸正:ITSUMASA Urabe)

プロフィール写真

連絡先
e-mail: urabe at fukuyama-u.ac.jp
最終学歴
名古屋大学大学院工学研究科
主な履歴
京都大学助手(1975) 講師、福山大学助教授(1990) 教授
学位
工学博士
学位論文
原子力施設周辺環境における放射線安全管理の基礎的研究
担当教科
基礎数学、離散数学、論理回路、ヒューマンインターフェース

主な研究テーマ

  1. 生活環境放射線の計測およびその長期変動特性の研究
  2. 放射線リスク認知と主観確率の関連に関する研究
  3. 原子力緊急時の対応と信頼形成の研究

所属学会

日本原子力学会、日本保健物理学会、Health Physics Society

主な論文

  1. Some subjects in developing the system of environmental radiation protection in Japan, Radioprotection, Suppl. 1, vol 40 S947-S950(2005)
  2. 個人線量計校正用原子炉放射線場の中性子特性、Radioisotopes, vol.55(No.9), pp515-524 (2006-9)
  3. ボナーボール型検出器によって測定された環境中性子エネルギースペクトル、福山大学工学部紀要,32巻,pp29-34 (2008)
  4. Application of Expectation Utility Theory to Environmental Radiation Protection for Improvement of Expectation Reliance of the Public, Proc. 3rd Congr. AOCRP, CD-ROM 4-P-8.pdf, Tokyo, (2010-6)
  5. 福島第一原子力発電所事故時の災害初期対応の教訓−放射線情報の把握と活用に関連して−、日本原子力学会誌、vol.53(12)、29-33(2011)
  6. Estimation of Internal Exposure Doses of the People Caused by Inhaled Radioactive Materials Released in Early Stage of    Fukushima Nuclear Disaster, Proc. 13th Inter. Congr. IRPA, Glasgow, (2012-5)
  7. Radiation Protection Lessons Learned from the TEPCO Fukushima No.1 NPS Accident. J. Nucl. Sci. Technol. vol 41(No.2) pp136-149, (2014).

著書など

  1. 緊急被ばく医療テキスト(分担執筆)、医療科学社(2004)

社会活動など

  1. 原子力安全員会緊急技術助言組織委員および専門員(2011年~2012年)
  2. 山口県防災会議原子力防災対策専門部会委員(2012年~現在)
  3. 伊方原子力発電所環境安全管理委員会(2014年~現在)
  4. 鳥取県原子力安全顧問(2016年~現在)
  5. 青森県原子力政策懇話会委員(2017年~現在)

PAGE TOP