スマートフォン用タイトル画像

情報工学科 > 学科紹介 > 学科紹介

情報工学科 学科紹介
Department of Computer Science

学科紹介

これからの高度情報化社会をリードする
IT分野のスペシャリストを養成する。

学科の学び


ソフトウェア開発のための基礎的能力を身につける。

情報工学科では、情報処理分野で幅広く活躍できるソフトウェア開発およびネットワーク技術者の育成を目標にしており、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークおよびアプリデザインの4分野の教育をバランスよく行っています。手を動かしながら学習することが重要であると考え、講義に連動する演習を同時期に実施し、講義で獲得した専門的知識を実践的な専門的技術に高めることができます。

学科の特徴


Point1基礎学力の育成

入学してからの1~2年は教養と工学の基礎学力を学ぶ内容が中心で、上位年次に配当されている応用や専門的な内容を学ぶための基礎知識を身につけます。情報の分野ではソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの3つの基礎を学び、バランスのとれた内容配分を設定しています。


Point2実践的な演習

プログラミングは「自分で考えて」「試作して」「失敗して」「また作り直す」を繰り返し行うことで実践的なスキルをアップすることができます。情報工学科では、講義を聴くだけの授業ではなく、学生が手を動かして体験・経験しながら学んでいく演習形式を重視しています。


Point3能動的学習


受け身で受講する授業はあまり身につきません。少人数でグループを作り、協同で課題に取り組んだり、問題解決の方法を検討したりする学習法をいくつかの授業で導入しています。これにより、学生が積極的に自ら進んで参加するように促し、能動的な学習ができるようにします。


最新 TOPICS


PC室がリニューアル

連合大会で学生が研究発表

情報処理技術者試験に合格!

画像をクリックでトピックスの詳細へ


PAGE TOP