スマートフォン用タイトル画像

大学概要 > プレスリリース > 地域と結びついて大学伝統の米作りを継承 ―福山大学と東村町が田植えでコラボ―

大学概要 プレスリリース
Press Release

地域と結びついて大学伝統の米作りを継承 ―福山大学と東村町が田植えでコラボ―

  福山大学は開学以来の40数年間、学生と教職員が学内の田圃で餅米を作り、秋の大学祭に餅をついて賞味するのを伝統にしてきました。今年からは、大学所在地である東村町の田に場所を移し、地域の人々と一緒になり、地域と結びついた新たな伝統を作るため、手始めの田植えを行います。

〇日時:平成29年6月3日(土)9:00~
〇場所:福山市東村町2453番地の東村小学校に隣接の田圃
〇概要:
    福山大学では昭和50(1975)年の開学以来、キャンパス内の一角にある大学田で学生と教職員が一緒になって米作り(餅米)を行い、収穫した米を使って秋の大学祭(三蔵祭)で餅をつき、ともに収穫の喜びを分かち合うことを伝統としてきました。古代から日本人は主食であり、収穫までに多くの人の手を必要とする米を作る作業をとおして共同体意識を培ってきました。本学の米作りも協働することの意義を確認し、福山大学という共同体のメンバーであることの自覚を強めることをねらったものです。ただ、40年余という長い時間の流れの中で米作りに参加するのが一部分野の学生に偏り、大学田の地力も落ちてきました。
    長年の伝統の維持に黄信号がともり始めたとき、その継続を目指して、全学の各分野の学生からなる福山大学稲作研究同好会(部長:生命工学部3年次生の稲垣雄哉君)が立ち上がりました。これを機に、場所をキャンパス内から大学に隣接した地元の田圃に移し、地域の人たちとの結びつきの中で伝統の継続が図られています。本学が目指す「地域と結びついた大学」という観点から見て、最も身近な大学所在地の福山市東村町との連携を強固にするうえで、これは大いに意義深いことです。また、地元の東村町で学校給食食材納入に携わるグループの若草会(杉原直道会長・廻野明倫事務局長)のご協力を得て、大学と地域の新たなコラボレーションの伝統も生まれようとしています。



■お問い合わせ■

【担当者】大塚 豊(副学長、大学教育センター長) ※福山大学稲作研究同好会顧問
【電話番号】084-936-2112(内線2234)
【FAX】084-936-2021
【E-mail】yotsuka@fuedu.fukuyama-u.ac.jp


PAGE TOP