スマートフォン用タイトル画像

大学概要 > プレスリリース > 地域文化の継承―井伏文学と地域学習―

大学概要 プレスリリース
Press Release

地域文化の継承―井伏文学と地域学習―

―「さざなみ軍記」を中心に―

「人間文化学部 文化フォーラム」は、人間文化学科の研究活動を地域に伝え、文化活動の活性化を促す行事です。今年度は、市制100周年を目前に、井伏鱒二が初めて「在所」の文化に注目して書いた「さざなみ軍記」を取り上げ、招待した高校生と一般の方々と共に地域文化の価値を再発見します。


 行事の概要は、下記のとおりです。
 会場はふくやま文学館、講師は本学教員3名(日本語学・日本文学・国語教育)、地域のボランティアガイドがそれぞれ一回ずつ担当、計4回にわたって小説についてフィールドワーク体験を含めて紹介する(井伏文学をゼミで共同研究する本学学生も出演)。

 5回目には、ふくやま文学館長を迎えてこれまでの参加者をパネラーとするシンポジュムを行う。


第1回 6月21日(日) 10:30~12:00 ふくやま文学館 研修室
 講師 脇 忠幸 題目「井伏文学に描かれた備後弁」 地域言語について

第2回 7月18日(土) 10:30~12:00 ふくやま文学館 研修室
 講師 竹盛 浩二 題目「「さざなみ軍記」と平家伝説」事前学習

第3回 9月26日(土) スクールバス利用 沼隈半島の平家谷・能登原・源平古戦場
 講師 門田 武士(平家谷ふるさと振興会理事)題目「沼隈半島と平家伝説」フィールドワーク

第4回 11月14日(土)13:00~14:30 ふくやま文学館 研修室(※開催時間の予定変更)
 講師 青木 美保・青木ゼミ 題目「井伏『在所もの』から学ぶ」実地調査と研究

第5回 12月13日(日)予定 ふくやま文学館 研修室
 講師 岩崎 文人(福山文学館館長)・竹盛・脇・青木・高校生 
  シンポジュム「地域文化から学ぶ―井伏文学と備後」



関連リンク:文化フォーラム2015 「地域文学の継承-井伏文学と地域学習-」


■お問い合わせ■

【担当者】青木 美保
【電話番号】084-936-2112(内線3240)
【FAX】084-936-2021
【E-mail】aoki@fuhc.fukuyama-u.ac.jp




PAGE TOP