スマートフォン用タイトル画像

人間文化学部 > オリジナル > デートDV防止プログラム

人間文化学部 オリジナル
Faculty of Human Culture and Sciences

デートDV防止プログラム

「デートDV防止プログラム」開催のお知らせ


 皆さん、デートDVという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがないという人も、「彼女(彼氏)が、自分の携帯をチェックしたり、友達との交流を制限したりして困る。これって愛情なの?」という話を友達から聞いたり、自身が体験したりしたことはありませんか?デートDV予防啓発講座に参加して、何が暴力で、どこまでが愛情なのか、について一緒に考えましょう。

日時:2016年9月27日(火)5限
場所:大学会館ICT教室クラフト

昨年の講座の様子

・私も昔,束縛が激しくお互いにデートDVをしているような関係でした。しかし,これはおかしいと思って別れました。・・・私の判断は正しかったと思います。
・デートDVを受けた人が5人に1人もいて驚きました。
・デートDVにはいろいろな種類があることがわかりました。
・DVであっても「あっ,私は愛されているんだ」と錯覚してしまうのがこわいなあと思いました。
・いやだと思うことはいやだと言わないといけないのだとわかりました。
・女の子から男の子へのDVもあるのだということを知らなかった。
・友達も恋人もどちらも大事,家族も大事,ということを共有できるような関係がよいと思う。
・デートDVは,次はよくなるって期待するからなくならないんだなと思った。
・DVは力による支配であるということがわかった
・あまり自分に関係ないと思っていたけど,今回の授業を受けて,自分にも加害者や被害者になる可能性があるとわかった。





PAGE TOP