スマートフォン用タイトル画像

人間文化学科 > オリジナル > 学生の活動(随時更新中)

人間文化学科 オリジナル
Department of Human Culture

学生の活動(随時更新中)

このページでは、学生の活動について紹介します。授業と連動して行う活動のほか、語学学習・資料読解・朗読会など、さまざまな取り組みを行っています。今後も内容を追加する予定です。

読書会


人間文化学科の専門科目の中では、「日本近現代文学の研究」(2年次)・「日本文学研究法」(3年次)・「日本文学史」(3年次)で、明治期から現代までの様々な小説を読みます。その延長で、読書好きの人が集まり、さらに授業では取り上げない最近の小説などを取り上げて、青木教授の研究室で読書会を開いています。これまでに取り上げた小説は、又吉直樹『火花』(第153回芥川賞)・小山田浩子『穴』(第150回芥川賞)・夏目漱石『夢十夜』・泉鏡花『龍潭談』・まどみちお『いわずにおれない』などです。次回は、滝川悠生『死んでいない者』(第154回芥川賞)を取り上げる予定です。また、室生犀星『蜜のあわれ』を取り上げたいとのメンバーの希望も出ています。以下は、会のメンバーの一言です。

読書会は月に一度開かれており、主に、取り上げた本を読んだ上での疑問点や感想等を出し合いながら議論しています。記念すべき第一回目には、芥川賞を受賞しメガヒットとなった、又吉直樹さんの『火花』を取り上げました。現代文学だけでなく泉鏡花や夏目漱石といった文豪たちの本も取り上げました。読書会は堅苦しい感じではなく、お茶をいただきつつ先生と私ども学生とでわきあいあいとした雰囲気です。教養だけでなく先生との絆(?)も深めることができ、とても良い機会となっております。(3年 木村美紗希)

読書会ではテーマ本を読んだ後、他の人がどんな感想や考えを持ったかが分かるので会を楽しみにしています。読書会と聞いて堅苦しいと感じる方もいると思われますが、和気あいあいと雑談も交えながら楽しく行っています。読書が好きな人は勿論の事、この読書界に興味をもたれた方は参加してほしいと思っています。(3年 保手浜菜津美)

朗読愛好会


ルクシアタ2015「灯りの朗読ライブ」にて

朗読愛好会は、「声」の力を最大限に活かした読書活動を行う会です(作品をただ音読する会ではありません)。福山出身の作家である井伏鱒二の作品を中心に、さまざまな文学作品を読んでいきます。また、普段の活動の成果を学外で披露することもあります。

〈活動についての記事〉
予告編」「本番当日編」「舞台裏編

〈朗読についての参考サイトや参考書籍〉
青空朗読
NHKラジオ文化第2「朗読」
永井一郎『朗読のススメ』

くずし字の勉強会

授業外の活動として、2人の学生が週に1度、くずし字(昔の手紙などに使用されている文字)を勉強しています。全く読めない状態から始めましたが、1年半ほどで、変体仮名(平仮名)で書かれたものなら、ほとんど辞書を使わずに読めるまでになりました。岡山で行われている近世文書の調査にも時々参加するようになりました。クセのある字や種類の多い漢字に苦戦しながらも頑張っています。

国際交流

「国際交流」と言ってもその舞台はさまざまです。人間文化学科には、外国語の学習をきっかけに、留学や短期研修、スピーチコンテスト出場といった国際交流の場を体験する学生もいます。テキストを通して学んでいただけの外国語が少しずつ「自分のもの」になっていくプロセスは、自身にとってかけがえのない財産になっていきます。

〈関連記事〉
福山市立大学英語プレゼンテーションコンテスト優勝
中国語学習に取り組む学生たちの座談会(HSK受験や留学体験など)

人文フェスタ

毎年夏に行われる「人文フェスタ」は、人間文化学科の2年生が中心となって企画、運営しています。若者と地域の人々をつなぐ出逢いの場として、また、様々な文化体験や交流を通じて福山の魅力を感じることができる場として、毎年たくさんの方々に来場いただいています。

■ 第6回 人文フェスタ

「福山市観光活性化企画プレゼンテーション」

日時:2016年6月25日(土)終了しました
   13:00~16:00
場所:福山市ものづくり交流館 セミナールームA(エフピコRiM 7階)






「福山市の文化観光を活性化する7つのアイデアをプレゼンテーション発表の形式で披露する」という形式をとっています。

●福山市役所、商工会議所、商店街連合会、地域ボランティアリーダー、教育界など、街の活性化に取り組んでいる方々に直接に案内通知をして「聴講」していただく形式です。客席数は約100席です。

●単なる一方的なプレゼンテーション鑑賞に終わらないように、発表する学生チームと参加者の意見交換や質疑応答のコミュニケーションが得られる進行を考えています。

■人文フェスタ2016の特色

(1)CARP第2のふるさと大作戦
広島県のスポーツ資産である広島CARPが福山市民球場で試合を開催することの魅力と地域活性化の意義を訴えます。合わせて地域住民との融和へ向けた課題点も指摘します。

(2)風鈴華参大作戦
日本の夏の電灯風物詩である「風鈴」を活用した町おこしを提案します。建物などへの装飾だけでなく風鈴を使った音楽演奏など今までになかった活用で、福山を「風鈴のメッカ」として注目を得ようとするアイデアです。

(3)でんとこ伝統ふくやま
伝統産業、伝統食文化、伝統音楽や舞踊など、地域の伝統資産を一同に集めて披露するフェスティバルイベント形式のアイデア提案です。

(4)外国人観光客を増やそう大作戦
留学生と日本人学生の合同チームによるアイデア発表です。西欧外国人に偏りがちな観光受け入れ体制の不足感を調査し指摘します。アジア地域からの観光客も含めた高品質な観光ホスピタリティーづくりを福山城の花見を題材に提案します。

(5)アニメ大作戦
サブカルチャーを活用した「福山の名物」づくりを提案します。アニメ図書館やアニメファンの交流施設やイベントを提案します。

(6)どうぶつさん大作戦
福山市動物園の活用不足を調査し指摘しながら、福山市の市章ともなっている「コウモリ」や、ウサギ等の癒し系動物を活用した「福山の名物」づくりを提案します。

(7)パズルのまち・・パズルワーク
ミステリー文学の巨匠・島田荘司先生の出身地である福山でミステリーをテーマにしたイベントや映画製作が盛んであることから、「知的遊戯」のひとつである「パズル」をテーマにした施設・イベントづくりを提案します。

■これまでの人文フェスタ

・2015(第5回)「再発見!「ばらのまち福山」人文フェスタ2015」(概要 関連記事
人文フェスタ2015発SNS
人文フェスタTwitter
人文フェスタFacebook
・2014(第4回)「おやつランド」( 関連記事① 関連記事②学生インタビュー
・2013(第3回)「げんきの樹-世代間交流を求めて」( 関連記事① 関連記事②
・2012(第2回)「げんきの樹-和と輪、繋がる時代」( 概要
・2011(第1回)「げんきの樹-紡ぐ旋律、根付く文化」( 概要


PAGE TOP