スマートフォン用タイトル画像

人間文化学科 > 学科紹介 > 3つのポリシー

人間文化学科 学科紹介
Department of Human Culture

3つのポリシー

教育目的

人間文化学科は,言語,文学,歴史の三領域を主として,世界の芸術や思想も視野に入れた横断的な教育・研究を行う。それらを通じて,豊かな教養と広い視野を具え,主体的に問題を発見,解決する実践力と新しい文化を創造する意欲を有した,地域社会に貢献できる人間を育成することを目的とする。

  1. 地元の企業・役所にて,その地域の文化を活かした企画を立案/発信/実行する人間を育成する。
  2. 編集者や文筆家として,新しい文化を創造する人間を育成する。
  3. 教員として,教材研究と教材開発を怠らず,生徒の成長と人格形成に資する人間を育成する。
  4. 学芸員として,資料を保存・活用するとともに,調査・研究にも携わることができる人間を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

人間文化学科の目的に沿って,設定した授業科目を履修して,所定の単位数を取得した者に卒業を認定し,学士(文学)の学位を授与する。なお,卒業時に必要とされる資質は以下のとおりである。

  1. 文化の継承と創造に寄与するための言語運用能力
     人間が生み出し,今も生み出し続けている文化(人間文化)の基盤をなす言語運用能力を有している(言語運用能力とは,言語によって自らの意思や論理的思考を適切に表現,伝達し,かつ他者の意思を的確に理解する力である)。
  2. 社会が抱える問題の解決に寄与するための幅広い教養と実践力
     言語・文学・歴史に関する幅広い教養をもとに,自律的に思考して問題を発見し,解決する力を有している。
  3. 社会における多様性を尊重するための多角的な視点
     多様な人間が生み出す多様な文化に対して,幅広い視野と寛容で偏見のない態度を有している。
  4. 持続可能な社会の形成に寄与するために,自らを高め続け,次世代を育む力
     継続的な地域貢献をしていくための向上心と,新しい文化を創造していくために,次世代を担う人間を育成する意欲を有している。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人間文化学科では,ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)を踏まえ,学生が自律的に学べるように,次のような方針に従って学修の系統性と順次性に配慮しながら学修成果基盤型の教育課程を編成し実施する。

  • 1年次
    共通基礎科目と教養教育科目,及び専門基礎科目(人間文化学部共通科目)と専門科目を通じて,学びの目的を知り,言語運用能力と実践力の基礎を身に付ける。
  • 2年次
    「基礎演習」や外国語科目,「言語・思想」「芸術・文学」「歴史」各領域の専門科目を通じて,社会の多様性を知り,人文学に関する専門知識の基礎を幅広く身に付ける。
  • 3年次
    より専門性の高い科目やゼミを通じて,社会に対する問題意識を高め,「言語・思想」「芸術・文学」「歴史」に関する専門知識を深める。
  • 4年次
    2年間にわたるゼミでの学びと,学修の集大成である卒業論文を通じて,新しい文化の創造に寄与する方法を発見し,専門知識を活用して社会に貢献する意欲を養う。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

人間文化学科は,豊かな教養と広い視野を具え,主体的に問題を発見,解決する実践力と新しい文化を創造する意欲を有した,地域社会に貢献できる人間を育成します。そこで,人間文化学科は次のような人を求めています。

  1. 小説,評論などに対する強い関心と高い読解力を有する人。
  2. 自分が興味・関心を持つ対象に関して,主体的に思考することができる人。
  3. 言語能力(コミュニケーション能力・分析力・表現力・語学力)を磨きたい人。
  4. 文化(言語・思想・歴史・文学)について幅広く学びたい人。
  5. 文化の創造(イベント企画・雑誌編集など)への意欲のある人。

上記のような知識や能力,態度などを身に付けているかを確認するため,必要に応じて筆記試験や面接,学習課題などを通して判定を行います。


PAGE TOP