スマートフォン用タイトル画像

人間文化学科

人間文化学科 
Department of Human Culture

学科紹介

新しい発想、新しい文化の創造に挑戦!
世界をフィールドに人と文化をつなぐ

学科からのお知らせ


科研費シンポジウム「井伏鱒二未公開書簡の基礎的研究 「同学コミュニティ」解明に向けて」のお知らせNew!

今年は井伏鱒二生誕120年の記念の年であり、すでに「文化フォーラム2018」で4回の講演会を開き、最後の第4回が10月27日に開かれます。これに引き続き、科学研究費による井伏鱒二未公開書簡の研究成果を、研究メンバーが一堂に集まってシンポジウムを開きます。井伏鱒二と同時代の文学・美術について、備後と東京の関係を明らかにすることを目指します。この機会をお見逃しなく、ぜひご来場下さい。




ファイルイメージ

井伏鱒二未公開書簡の基礎的研究(シンポジウム案内)

ファイルイメージ

井伏鱒二未公開書簡の基礎的研究②


■絵画展「井伏鱒二と同時代の画家展」のお知らせNew!

井伏鱒二は、福山中学時代に絵画を描くサークルを作り、活動していました。井伏はその後、上京した後早稲田大学に進学しましたが、大正10年には日本美術学校にも入学し、短期間ですが、絵を学んでいました。この絵画展(主催:井伏鱒二と同時代の画家展実行委員会)では、井伏の絵3点と、同時代の備後地方出身の画家の絵を展示します。珍しい絵画展です。ぜひご来場下さい。



人間文化学部人間文化学科主催「文化フォーラム2018」井伏鱒二未公開書簡から見える井伏鱒二と同時代の備後文化New!

日時
9月8日(土)、9月29日(土)、10月6日(土)、10月27日(土)
場所
ふくやま文学館 研修室



ファイルイメージ

文化フォーラム2018 案内

人間文化学部人文フェスタ2018「福山城築城400年を活かして観光客を増やす文化企画─大学生からの9つの提案」
日時 7月21日(土)13:00~16:00
場所 宮地茂記念館 301研修室




ファイルイメージ

人文フェスタ2018 案内

2017年度 第10回「友だちにすすめたい本」コンクールの結果を公開しました。
「文化フォーラム2017」の詳細を公開しました。
「井伏鱒二文学・宮沢賢治文学研究室」第一回報告を公開しました。


学科ブログ更新情報

学科の学び


国内外の社会や歴史を見つめ、変動する21世紀を切り拓く新しい発想を提案し実現する文化人を目指します。

言語を通じて、人間・社会・文化などを理解する人間文化学科。言語を駆使して文化を理解し、幸福な未来に向けて新たな文化を発信します。異文化を理解し、調和と共生を目指す人材を育成します。

学科の特徴


Point1幅広く文化を学ぶ

人間が絶え間なく生み出している文化(人間文化)について、幅広い知識を身につけることを目指す人間文化学科の専門分野は、「言語」「文学」「歴史」の3分野から構成されています。2年次までに、幅広い知識や教養とともに、言語運用能力を身に付け、3・4年次に自分の興味を元に専門の分野を定めて、ゼミ(研究室)でより深く研究していきます。


Point2イベントの企画・実施

人間文化学科では、自らが文化を楽しむと同時に、社会における創造的な活動の継続に貢献できる教養人の育成を目指しています。地域文化を活性化させる試みとして、学生が主体となり、様々なイベントを企画・実施しています。毎年夏に開催される「文化フェスタ」も着実に地域に根付いてきています。


Point3フィールドワークを重視

人間文化学科では、文献を使った調査・研究だけではなく、フィールドワークを重視しています。各授業やゼミで行う現地調査をはじめとして、備後地域の研修や毎年多くの学生が参加する京都研修、隔年で開催されるヨーロッパ研修など、アクティブに現地へ出かけ、活動しています。

最新 TOPICS


本や読書に関する取り組み

学生たちによる企画・運営

現地の歴史・文化などを学ぶ

クリックするとトピックスの詳細へ