スマートフォン用タイトル画像

人間科学研究科 > 研究科概要 > 研究科長メッセージ

人間科学研究科 研究科概要
Graduate School of Human Sciences

研究科長メッセージ

研究科長挨拶


平 伸二 人間科学研究科長


人間科学研究科長(平 伸二教授)からのメッセージ


福山大学大学院人間科学研究科は,2007年4月,人間文化学部心理学科の第1期生卒業に合わせて,心理臨床学専攻として誕生しました。広島県東部・備後地域には,心理学科を持つ大学も,心理学系の研究科を持つ大学院もなく,これまでに心理職を目指す学生のより高度な教育・研究,あるいは,現場で心理関係の仕事に携わっておられる社会人の実践的な教育・研究の場として,地域社会から期待される存在となっています。
 修了生の中には本学教員及び助手,岡山大学教育学部教員,愛媛大学医学部付属病院医療福祉支援センター教員として勤務する者がいます。また,児童相談所,科学捜査研究所,少年補導職員などの心理職公務員として勤務する者,病院及び福祉施設で勤務する者も多く輩出してきました。
 2018年度からは,心理学領域で初めての国家資格である,公認心理師のカリキュラムに対応し,本学心理学科と合わせて公認心理師養成大学としての役割も担うこととなりました。公認心理師カリキュラムでは,大学院で450時間の実習が課せられ,保健医療,福祉,教育,司法,産業・労働の分野での実習先も確保し,既に2018年度後期から大学院生は実習に参加しています。実習前には,心理学科附属こころの健康相談センターでの訓練を受けることができます。2018年に実施された第1回公認心理師国家試験の結果,7名のスタッフが合格して公認心理師の有資格者となり,臨床経験に基づいた専門的な教育研究指導を受けることができます。
 また,本大学院には科学捜査研究所勤務歴のある教員が2名(犯罪心理学研究室,捜査心理学研究室)在籍していて,中国・四国地区で犯罪心理学に関する教育研究が最も充実しています。さらに,大手企業では心理学の研究者を採用して,心理学を応用した商品の企画・開発に力を注いでいますが,産業心理学の分野でも複数の企業と共同研究を実施している教員もいます。
 このように,本研究科は,公認心理師のカリキュラムに対応していて,所定の単位を取得すれば公認心理師の受験が可能となります。実習及び実習前後の指導は,公認心理師有資格者のスタッフが,専門的できめ細かく行います。また,犯罪心理学,産業心理学の領域で心理職を目指す人への指導,その他,さまざまな分野の心理学に関する高度な研究指導を受けることが可能です。
対人援助に強い関心があり,研究や実践の成果を心理臨床現場や地域社会に還元したいという意欲がある人を歓迎いたします。


PAGE TOP