スマートフォン用タイトル画像

人間科学研究科 > 研究科概要 > 研究科長メッセージ

人間科学研究科 研究科概要
Graduate School of Human Sciences

研究科長メッセージ

今年度から人間科学研究科長となりました青野篤子と申します。
 人間科学研究科は、今のところ心理臨床学専攻の1専攻のみです。臨床心理学ではなく心理臨床学??と,疑問に思われる方があるかもしれません。一般的には臨床心理学が広く知られており、心理的支援=臨床心理学というイメージが強いですね。しかし、臨床心理学というのは、心理学の1つの分野にしかすぎません。実際、心理的支援や予防、あるいは精神健康の増進には、心理学のあらゆる分野が関係してきます。本専攻では、臨床心理学のほかに、教育心理学や発達心理学、犯罪心理学や社会心理学といった様々な心理学の領域を広くそして深く学ぶことで、複雑化する社会とこころの問題に対処しようと考えています。
 社会とこころの問題に対処していくためには、「研究力」と「実践力」の2つが必要です。すなわち、問題意識をもち問題を解決しようとする意欲とスキルに裏打ちされた「研究力」と、本や文献に頼るだけではなく実際に現場を知り現場に働きかけのできる「実践力」です。本専攻では、このような力を習得できるようカリキュラムが構成されています。また、さまざまな職種や地域の人々と対話を進めながら、現場や地域におけるニーズを拾い上げ、それに即した研究と実践を行えるよう、現場へとの連携(アウトリーチ)を重視しています。このように、本専攻は、地域社会から学び地域社会に貢献できる「相互成長型人材(メンター)」への成長を目指した教育を行っています。


PAGE TOP