スマートフォン用タイトル画像

人間科学研究科 > 公認心理師カリキュラム読み替えについて

人間科学研究科 
Graduate School of Human Sciences

公認心理師カリキュラム読み替えについて

公認心理師カリキュラム読み替えについて

公認心理師法附則第二条(受験資格の特例)第一号における,施行日(平成29年9月15日)前に大学院の課程を修了した方の科目読み替え対応について,福山大学大学院人間科学研究科心理臨床学では,公認心理師の受験資格の特例措置に基づいて平成19年度入学~平成29年度修了までの期間に心理臨床学専攻を修了した方々の読み替え対応表を作成いたしました。
読み替えの確認作業については,読み替え表により,ご自身の責任で行ってください。
※各個人の履修された科目と,公認心理師科目との対応(読み替え)について,こちらで確認して通知することは行っておりません。
修了生自身が行う確認作業の手順については,以下の手順が想定されます。

1.各修了生は,まず,ご自身で成績証明書を入手する。
※成績証明書の入手方法については,教務課をご参照ください。

2.成績証明書により,履修科目が読み替え基準を満たしているかを読み替えチェック表で確認する。
※なお,この読み替えチェック表は,平成19年入学~平成29年度修了までの期間に本研究科心理臨床学専攻を修了した方々を対象とした原案であり,確定版ではありません。証明書の様式が確定次第,正式なものとして確定する予定です。

3.読み替え基準を満たしている場合は,人間科学研究科(大学院担当)に特例措置による読み替え対応証明書を請求する。
※現在,国の対応として特例措置の証明書様式が明らかになっていないため現時点では証明書の発行はできかねます。証明書様式が明らかになり次第,証明書の発行ができる体制を整えます。


ファイルイメージ

読み替え表


PAGE TOP