スマートフォン用タイトル画像

工学研究科 > 研究科概要 > 3つのポリシー

工学研究科 研究科概要
Graduate School of Engineering

3つのポリシー

工学研究科修士課程 ディプロマ・ポリシー(修了要件・学位授与の方針)

知識基盤社会を支える専門技術者として活躍できる人材となるための,工学分野の基礎・応用に関する広範な知識及び先端技術を修得し,研究遂行能力,研究発表能力,論文作成能力を有していること。具体的には,以下の力を獲得していること。このような要件を満たし,工学研究科の特論を履修し,基準となる単位を修得し,必要な研究指導を受けたうえで修士論文を提出し,審査および最終試験に合格した者に修了を認定し,修士(工学)の学位を授与する。

 1.工学的諸問題に対して積極的に取り組み,独創的な発想ができる。
 2.高度専門技術者に必要な先端技術を修得し,それを活用できる。
 3.高度専門技術者に必要なコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を修得し,それを活用できる。

工学研究科修士課程 カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

研究科のディプロマ・ポリシーである,知識基盤社会を支える専門技術者として活躍できる人材の育成を目指して,工学分野の基礎・応用に関する広範な知識及び先端技術,研究遂行能力,研究発表能力,論文作成能力の修得が可能となるよう,次のような3つのワークのもとでカリキュラムを編成し,実施する。各ワークに併せて,能動的学修を主体的に行い,パフォーマンスレベルに合わせてその学修成果を評価する。

 ■コースワーク

 1.基礎科目の特論を通して専門基礎の知識を修得する。
 2.専門科目の特論を通して専門分野を幅広い視点でとらえ課題の位置づけ、解決方法などを修得する。

 ■リサーチワーク

 1.特別演習と特別研究を通して研究遂行能力を身に付け工学的諸技術を修得する。
 2.研究成果を国内外で発表し、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を修得する。

 ■キャリアワーク

  知的財産論や特別講義などを通して知的財産の意義と重要性を理解する。

工学研究科修士課程 アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

福山大学工学研究科修士課程は,工学分野における広範な学識及び先端技術を修得することにより知識基盤社会を支える専門技術者として活躍できる人材を養成するために,次のような資質・能力を有する人を求めている。

 1.工学的諸問題に対して,高い関心を有し,課題に意欲的に取り組む人。
 2.高度専門技術者の育成に必要な幅広い知識と科学的思考力を有する人。
 3.高度専門技術者に必要なコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を有する人。

工学研究科修士課程 指導計画

下の画像をクリックすると拡大表示されます。



工学研究科博士課程 ディプロマ・ポリシー(修了要件・学位授与の方針)

工学の進歩や学問の進展に寄与できる専門性と幅広い学識を有し,研究者として自立して研究活動を行うことのできる課題設定能力,研究遂行能力,論文作成能力,十分な語学的能力および研究指導能力を有していることを修了要件とする。以上の要件を満たすために,工学研究科の特論を履修し,基準となる単位を修得し,必要な研究指導を受けたうえで博士論文を提出し,審査および最終試験に合格した者に修了を認定し,博士(工学)の学位を授与する。

工学研究科博士課程 カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

研究科のディプロマ・ポリシーである,工学の進歩や学問の進展に寄与できる専門性と幅広い学識および高い倫理観を有し,研究者として自立して研究および研究指導のできる人材の養成を目指して,工学分野の最先端の専門知識・技術,課題発見能力,研究遂行能力,研究指導能力の修得が可能となるよう,次のような3つのワークのもとでカリキュラムを編成し,実施する。各ワークに併せて,能動的学修を主体的に行い,パフォーマンスレベルに合わせてその学修成果を評価する。

 ■コースワーク

 1.専門基礎科目の特論により自立した研究者として必要な専門基礎知識を修得する。
 2.専門科目の特論により研究動向をふまえた最先端の専門知識,技術を修得する。

 ■リサーチワーク

 1.特別演習と講究により最先端技術の進化に寄与する課題発見能力および研究遂行能力を修得し,成果を論文として発表する能力を修得する。
 2.研究成果を国内のみならず国際会議や国際シンポジウムなどで発表し,国際的コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を修得する。

 ■キャリアワーク

  産官学共同の研究会等に参加し,社会のニーズやその実用化の意義および研究倫理などを修得する。

工学研究科博士課程 アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

福山大学工学研究科博士課程は,高度の専門性と国際性が求められる社会において自立して研究活動を行い得る能力とその基礎となる豊かな学識を持った人材を育成するために,次のような能力を有する人を求めている。

 1.合理的思考と創造的な探究心によって工学的諸問題を解決する能力を有する人。
 2.幅広い教養と専門基礎知識を有するとともに研究指導能力を有する人。
 3.科学,技術の国際化に適応できる国際的コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を有する人。

工学研究科博士課程 指導計画

下の画像をクリックすると拡大表示されます。



PAGE TOP