スマートフォン用タイトル画像

教育 > 大学教育センター > 大学教育センター概要

大学教育センター
FUKUYAMA UNIVERSITY Education center

大学教育センター概要

大学教育センターの沿革

 福山大学は、昭和50年(1975年)4月、「福山大学は真理と道義が混然一体となった教育的な理想社会でありたい。福山大学は、このような教育社会の実現を目標として科学偏重の主知主義におちいることなく、さりとて実学のみに堕せず、学生諸君に強い意志と豊かな教養を身につけさせ、勇気と魂のある、視野の広い、国際社会に通用する若人に育てるため、全人格的教育を行う。」という建学の理念を掲げる宮地 茂 初代総長・理事長によって創設されました。 こうして、福山大学は今日に至るまで、その建学の精神の中で謳われている「全人格陶冶を目指す全人教育」を目標として掲げ、本学独自の学風に沿った優れた教育を推し進めてきたことは、周知のところです。 しかし、5学部8研究科を擁する、中国地方では有数の中規模大学に発展してきた福山大学が、今後さらに時代の動向を見据えて、その高等教育機関としての機能と社会的役割を充実・発展させ、社会の要請に応えられる優秀な人材を輩出するためには、現状の厳正な認識と分析に基づいた「福山大学独自の特色ある全学的教育システム」を新たに構築する必要がありました。

 時を同じくして中央教育審議会から、平成20年(2008年)3月25日に、『学士課程教育の構築に向けて(審議のまとめ)』と題する答申が提示されました。

 このような状況下で、牟田泰三前学長のリーダーシップのもとに、「福山大学改革推進委員会」の中に「教育改革部会」を設けて、新たな教育システムを構築するための検討作業を行い、その成果を平成20年(2008年)9月22日付で、『福山大学教育システム』と題する冊子にまとめました。

 その教育改革の中でも、とりわけ重要な柱である共通教育の改革についての大学独自の提言を、平成20年(2008年)12月17日付で『福山大学における共通教育』としてまとめました。

 これらの冊子で謳われている教育システムに基づく教育改革の努力全体を一体化・構造化することを目指し、平成21(2009年)年4月に、初代センター長の松浦史登副学長のもと、「福山大学教育センター」という名称を冠した、全学的な教育プログラムを統括する機関が発足しました。その後、鶴田泰人学長補佐(第2代、平成26年)、大塚豊学長補佐(第3代、平成27年~)および全スタッフが一丸となって、大学教育改革に邁進しています。

大学教育センターの目的

大学教育センターでは、本学教育システムの全学的な実践を円滑に推進し、もって、教育の質の向上を図るため、関連委員会等と連携して以下の業務に取り組みます。

  • 全学共通教育の企画・運営
  • 専門教育に関する学部間の調整
  • 組織的な教育改善・充実活動、FD活動
  • 教育環境情報の収集
  • 資格取得教育等の支援
  • リメディアル教育等の学修支援

センター長挨拶

大学教育センター長  大塚 豊(副学長)

 大学教育センターは、宮地茂初代総長・理事長によって示された福山大学の建学の精神に則って「福山大学教育システム」を構築し、「学生に確かな学士力をつけ、地域の中核となる幅広い職業人に育成する」仕事の一翼を担うことをミッションとしています。現行の「福山大学教育システム」では、学生が「学士力」と「社会人力」を身につけて卒業していくことが念頭に置かれています。学士力とは、幅広い基礎知識や理解力などの知識、コミュニケーション能力や課題発見・解決能力などの技能、志向性や自己管理能力や社会的責任感などの態度です。社会人力とは、踏み出す力、継続していく力、考え抜く力などです。大学教育センターは、①このミッションにふさわしい全学共通教育を提供し、②実践を踏まえた研究を通じて、その内容・方法を絶えず見直すとともに、③大学の新しい価値体系を真摯に追求するため、本学の教育実態に関する情報のクリアリングハウス機能を果たし、④大学全体としての教育改革をリードしうることが求められていると言えます。
 大学教育に対する社会からの期待の裏返しとして、今や社会からの風当たりは強まる一方であり、大学は「待ったなし」の改革を迫られています。この認識に立って、大学教育センターは、各学部・学科の専門教育に勝るとも劣らないほど重要な語学や情報処理の教育、キャリア教育、さらに幅広い教養や高い見識を身につけるのに不可欠な多方面にわたり、質の高い全学共通教育を提供して参ります。それと同時に、「福山大学教育システム」を不断に点検・評価・改善し、大学教育に関する研究・企画・調整を全学的な視点に立って行うことにより、大学教育全般の改革を支え、本学の教育の質向上を目指します。大学に求められる教育改革は広範囲に及びますので、本学の教育改革の目的を達成するため、全学共通教育部門、共通教育・専門教育等連携部門、教育開発部門、教学IR部門、資格教育部門、学修支援部門の6部門を設けています。これらの部門の協力の下、大学教育センターは学生諸君の「学びのサポートステーション」となりうるよう努力して行きたいと思っています。

平成27年4月1日

今年度の重点課題



PAGE TOP