スマートフォン用タイトル画像

福山大学 > 経済学部 > 経済学科 > 教員紹介 > 三川 敦

経済学科 教員紹介
Department of Economics

三川 敦(みつかわ あつし)

【職名】

教授

【学位】

理学修士

【専門分野】

元々は数学だが、現在は、公開情報が投資家の意思決定にどの様に影響を与えているかを研究中

【担当科目】

経済数学(学部)、統計学特論(大学院)

【メッセージ】

投資家は有価証券報告書などの公開された情報を見て、株を購入するかどうかの判断を行っていると考えられますが、その公開情報のうち、どの様な情報が意思決定に大きく関与をしているのでしょうか。計量分析の手法を用いて分析を行っています。また、経営者と株主をプレイヤーとしたゲームでの分析にも取り組んでいます。

【リンク】

研究者情報

■計量分析とは

単価100円のものをX個売ると,売上げYはY=100Xときっちりと等式で表すことができます。しかし,その日の最高気温X℃とアイスクリームの売上げYの関係を考えますと,最高気温が高いほどアイスクリームがよく売れ,Y=aX+bの様な関係がありそうですが,きっちりと係数aと定数項bの値は決まりそうにはありませんね。多くのデータから一番もっともらしい値を決めてやる手法が計量分析です。研究しています投資家の意思決定問題では,Xにあたるものが複数あり,さらに難しいものになっていますが,それだけにやり甲斐があるとも言えます。


■ゲーム理論とは

ゲーム理論とは何かをざっくりと書きますと,次の様になるでしょうか。複数のプレイヤーを考え,彼らがどの様な行動を選択するかに応じて利得(儲けなど)が与えられる状況を考え,それぞれのプレイヤーはどの行動を選択するのが良いのかを分析するのがゲーム理論です。たとえば,2人のオーナーがお店を同じ場所に出店するのか,それとも違う場所に出店するのか。それに応じて,客を取り合ったり,分け合ったりと,選ぶ行動によって,利益が変わってきます。研究で考えるものはもっと複雑なのですが,楽しんで研究しております。


教員一覧に戻る

PAGE TOP