スマートフォン用タイトル画像

経済学部 > オリジナル > 経済学研究会

経済学部 オリジナル
Faculty of Economics

経済学研究会

経済学研究会は、福山大学経済学部専任教員によって組織されている研究会です。主な活動は月に1度開催される研究報告会の「経済学研究会」と、紀要「福山大学経済学論集」の発行です。



研究報告会

研究報告会である「経済学研究会」は、基本的に

 ■日時:月の最終水曜日18:00から1時間程度
 ■場所:福山大学宮地茂記念館(JR福山駅北口徒歩3分) 

で開催されます。研究報告に興味のある方は、自由に参加することができます。

おもに福山大学経済学部教員の研究報告が行われますが、学外の方の研究報告も行われます。報告を希望される場合は、福山大学経済・人間文化学部事務室までご連絡ください。大学関係者だけでなく、様々な機関に所属する方の研究報告を受け付けています。

 また、経済学研究会は、福山大学が推進している高大連携活動の一つです。高等学校の教員の方々の参加、研究報告を積極的に募集しております。



今後の開催予定


平成29年度第4回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年9月27日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  福山大学 経済学部 国際経済学科   Bisset Ian James 准教授
論題(Title): Japanese Mutual Fund Holdings over the past 25 years
概要(Description):
Overview of Japanese Mutual Fund Investment since 1992. Structure of the assets held before and after the “big bang” reforms, eligibility for sale at the post office and then the NISA scheme. An introduction to the gravity model of trade as applied to portfolio investment and how Japanese Mutual Fund holdings follow the size part of the equation, they do not follow the distance part of the equation. This follows into domestic bias, foreign bias and possible explanations as to why there has been so little shift in savings from deposits into securities investments despite the many reforms.



----
場所:宮地 茂記念館 2階
   〒720-0061 福山市丸之内1丁目2番40号
   電話:084-932-6300(代)
申込・問合せ先:福山大学経済学部・人間文化学部事務室
   電話:084-936-2111(代)




これまでの経済学研究会

これまでの開催結果について

平成29年度第3回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年7月26日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  福山大学経済学部経済学科  野田 光太郎 講師
論題  「マイナースポーツのトリプルミッション―男子新体操指導者海外派遣事業の分析をもとに―」
概要 
競技の発展に向けて、各組織には「理念」を軸に「勝利」「普及」「資金」の好循環を生み出すことが求められる。本報告では、このトリプルミッションの視点から、男子新体操の普及に向けた取り組みについて論じる。



平成29年度第2回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年6月7日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  亜細亜大学法学部  土屋 重義 教授
論題  「最近の国際課税の動向について―BEPS行動計画最終報告を受けて」
概要 
近年、国際課税の分野は激動の時期を迎えているといえる。すなわち、多国籍企業による各国税制の隙間をつく国際的租税回避の問題(BEPS)や世界中の企業や富裕な個人がタックスヘイブンに資産を逃避させていたことが明らかにされた「パナマ文書」の問題等もはや、国際課税の問題は狭い税の専門家達の間だけの問題ではなくなりつつある。このような状況下で、OECD等国際機関ではこの問題に対する新たな提言が数多くなされているほか、我が国においてもこうした国際機関の動きを踏まえたうえでの国内法の改正、あるいは租税条約の締結・改定が相次いでいる。そうした国際課税の最近の動向について紹介したい。



平成29年度第1回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年5月17日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  福山大学経済学部 税務会計学科   大上 麻海 助教
論題  「組織行動論における改善行動について」
概要 
組織において従業員がより自発的・革新的に行動するには、どのような条件が必要なのだろうか?この問いについて従業員の心理的な態度の視点から明らかにする。



平成28年度第10回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年2月22日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  福山大学経済学部税務会計学科   井上 直樹 講師
論題  「地方自治体における内部統制と議会の役割 ―監査委員監査の課題を踏まえて―」
概要 
地方自治体における議員報酬の不正使用が注目を集めています。その財源は税金であり、予算上、議会費に区分されます。不正使用は、議員費を所管する議会事務局の内部統制で発見・防止できないのでしょうか。また、議会費は、地方自治法で義務づけられた監査委員監査の対象になります。監査委員監査で不正使用の発見・防止が可能ではないでしょうか。議会は、住民の代表者として、首長部局など執行部の監視などを担っています。議会での執行部への質問は、個別問題への指摘が中心です。この点は、監査委員監査も同様です。執行部は、自らの部局が指摘されなければ、問題への当事者意識をもたないのではないでしょうか。監査委員監査の課題を踏まえ、自治体における内部統制と議会の役割を考察していきます。



平成28年度第9回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成29年1月25日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室

報告者  福山大学経済学部国際経済学科 中村 博 准教授
論題  「大学生のためのキャリア教育の社会的意義」
概要 
大学生にとって何故、今、キャリア教育が必要とされるのか。
福山大学においては初年次教育として、全学必修科目の「キャリアデザインⅠ」が存在する。これは高校までの学修が、生徒たちにとって教員主導の教育を受動的に学ぶことに対し、大学の初年次の学生は、自己の人間的成長を積み重ねていくために、先ず、学内で自らが主体的に授業に取り組み、そして、学外においても学生個人の自主性が問われる様々な経験を行うべきであるからである。さらに、このように能動的にキャリア教育を学修すべき事を自覚し、高校生から自立できる大学生へ自らが変化していかざるを得ない事について、スピリット・イノベーション(筆者の造語:自己の意識改革)が必要とされるからである。



平成28年度第8回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年12月21日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室
報告者  福山大学経済学部税務会計学科   泉 潤慈 教授
論題   「配偶者控除見直しについて」
概要 政府税制調査会において平成28年11月14日「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する中間報告(案)」が出され、そのなかに「配偶者控除見直し」が明記されている。参考資料(所得税)も提示されている。「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する中間報告(案)」、参考資料(所得税)をもとに、研究会開催日までに新たな情報があれば、それも加えて、配偶者控除の見直しについて意見を述べ、出席者の皆様と意見交換したい。



平成28年度第7回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年11月30日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室
報告者  明治大学専門職大学院専門職研究科  沼田 博幸 教授
論題   「電子経済の下でのクロスボーダー取引に対する消費課税について」
概要
わが国の消費税は、「消費に対する一般間接税」のうちの付加価値税タイプの税の一種である。物品やサービスの取引において、供給者が顧客から本体価格とともに税を受け取り、国庫に納付する。ただし、顧客が事業者の場合には税額控除が認められる。
供給者と顧客が異なる課税法域に所在する取引(クロスボーダー取引)の場合には困難な問題が発生する。原則として、国境に設置された税関の機能を通じて解決し、税関を通過しないものについては原産地主義で対応するものとされている。
電子経済の進展はさらに困難な状況を生み出す。対応策として仕向地主義に移行するとともに事業者間取引についてはリバースチャージ(顧客課税)を適用することとされているが、公正な課税の確保は難しい。



平成28年度第6回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年10月26日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205号室
報告者  東京大学大学院総合文化研究科  松原 隆一郎 教授
論題   「オリンピックの経済効果について」
概要 2020 年に開催される東京オリンピックは、主として訪日観光需要の増加と、関連する建設投資の増加という2つの経路を通じて、わが国経済にプラスの効果を及ぼすと考えられてきた。しかしこれには近年、否定的な見解が強まっており、アテネ・北京とソチでは巨額の負債が後代に残された。また経済効果を強調することは、競技場を中心とするまちづくりを軽視しかねない。こうしたマイナス面を払拭するには、経済効果以外の公的価値が長期的に得られることが求められる。東京オリンピック・パラリンピックにはどのような目に見えない効果がありうるか。過去の事例をふまえ報告を行う。



平成28年度第5回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年9月21日(水)午後6時から1時間程度
実施場所  宮地茂記念館205号室
報告者 千葉大学大学院園芸研究科 助教 石田 貴士
論題  B級グルメでまちおこし!マーケティング戦略によるアプローチ
概要
 旅先での食事は、観光の楽しみの一つであり、観光客が地域を訪れるきっかけにもなりうる。
地域の料理を観光資源としてまちおこしに活用するためには、訪れる観光客の満足度や地域の競争力
を高めるような観光資源との組み合わせが不可欠である。そのためには、地域の料理を食べる観光に
関心の高い観光客の特性を理解することが必要である。本報告では、地域の料理を高級食材・高級料
理とB級グルメに分け、それらを食べる観光への関心についてのアンケート調査を行う。また、観光に
おいて何を重視しているかで観光客をグループ化し、どのような観光を好むグループが高級食材・高
級料理およびB級グルメを食べる観光に関心が高いかを主成分分析により検証し、その分析結果を提
示する。



平成28年度第4回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年7月27日(水)午後6時から1時間程度
実施場所  宮地茂記念館205号室
実施内容 報告およびディスカッション
報告者 福山大学経済学部国際経済学科 講師 劉 曙麗
論題  中国における企業の研究開発活動およびその決定要因の実証分析

中国における研究開発活動を行っている企業が中国企業全体に占めるシェアはまだ多くない。
低賃金労働に依存した労働集約産業中心の経済発展から産業構造の転換が求められている中国
について、研究開発の実態を明らかにする研究の意義は大きい。どのような要因が中国企業の
研究開発活動の決定に影響を与えるのかを解明する。


平成28年度第3回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年6月29日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 福山大学経済学部国際経済学科 教授 萩野 覚
 報告内容 グローバルバリューチェーンの分析
企業が国境を跨いで中間財の取引を行って製品を作り上げていく最近の生産形態 を、グローバルバリューチェーンと呼びます。その分析には、OECD(経済協力開発機構)が開発した付加価値貿易指標が有用です。同指標が、輸出 品に占める世界各国の付加価値を明らかするからです。例えば、中国から輸出される電気製品には、日本から輸入した部品が多く使われており、そうした点を勘案すると、米国の対中国貿易赤字が大幅に減少する等、世界貿易の構図が大きく変わることになります。

平成28年度第2回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年5月25日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 春名章二 教授(福山大学経済学部経済学科)
 報告内容 企業の理論的分析


平成28年度第1回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年4月27日(水)午後6時から1時間程度
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 藤井隆雄 准教授(神戸市外国語大学法経商コース)
 報告内容 バラッサ・サミュエルソン効果と日本の労働市場


平成27年度第10回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年3月30日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 谷口智紀 准教授(島根大学法文学部・大学院人文社会科学研究科)
 報告内容 知的財産権取引をめぐる課税問題


平成27年度第9回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成28年2月24日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 中村博 准教授(福山大学経済学部国際経済学科)
 報告内容 国際平和構築と安全保障


平成27年度第8回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年12月16日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 中村和裕 助教(福山大学経済学部経済学科)
 報告内容 エリート柔道集団の組織マネジメントについての一考察


平成27年度第7回経済学研究会(第4回備後経済研究会共催)
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年12月4日(金)午後7時から午後8時45分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 満薗勇 准教授(北海道大学大学院経済学研究科)
 報告内容 「商店街はいま必要なのか」を問うということ―日本小売業の歴史と「消費」「労働」「地域」―


平成27年度第6回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年11月25日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 石井孝和 講師(福山大学経済学部税務会計学科)
 報告内容 会計上におけるのれん減損情報の有用性について


平成27年度第5回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年10月28日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 藤本浩由 講師(福山大学経済学部国際経済学科)
 報告内容 アフリカにおける教育投資の経済成長への寄与について


平成27年度第4回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年9月30日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 藤本倫史 助教(福山大学経済学部経済学科)
 報告内容 地方都市における街なかスタジアム建設の現状とこれからの展望について


平成27年度第3回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年7月29日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 入谷純 教授(福山大学経済学部経済学科)
 報告内容 一般均衡解の存在に関する初等的証明について


平成27年度第2回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年6月24日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 泉潤慈 教授(福山大学経済学部税務会計学科)
 報告内容 法人税改革について―平成27年度税制改正―


平成27年度第1回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年5月27日(水)午後6時45分から午後8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 高阪勇毅 講師(福山大学経済学部経済学科)
 報告内容 ファイナンス研究の新潮流―行動ファイナンスとマーケット・マイクロストラクチャー―


----


平成26年度第10回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年3月23日(月)午後3時から午後4時30分まで
実施場所 福山大学1号館3階第1会議室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 加茂知幸教授(京都産業大学)
 報告内容 Arrovian Social Choice with Psychological Thresholds


平成26年度第9回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年3月19日(木)午後2時から3時まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 三川 敦 福山大学経済学部教授ほか
 報告内容 非財務情報が意思決定に与える影響についての実証分析


平成26年度第8回経済学研究会
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年2月25日(水)午後6時45分から8時まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 中村 博 福山大学経済学部准教授
 報告内容 高校と大学の連携によるキャリア教育・キャリアカウンセリングの社会的価値―進路実現―


平成26年度第7回経済学研究会・第5回備後経済学研究会(共催)
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成27年1月22日(木)午後6時45分から8時15分まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 富永憲生 広島市立大学名誉教授
 報告内容 戦前期工場データの整理からみた備後地域の工業化


平成26年度第6回経済学研究会・第4回備後経済学研究会(共催)
実施主体 福山大学経済学部
実施日時 平成26年12月10日(水)午後6時から8時まで
実施場所 宮地茂記念館205室
実施内容 報告およびディスカッション
報告内容および担当者
 報 告 者 佐竹隆幸 兵庫県立大学大学院経営学研究科 教授
 報告内容 中小企業の経営革新


平成26年度第5回経済学研究会
日時:平成26年11月26日(水) 18:45 - 20:00
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北口校舎)
報告者:泉潤慈 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:法人税率の引き下げについて


平成26年度第4回経済学研究会
日時:平成26年10月29日(水) 18:45 - 20:15
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北口校舎)
司会:泉潤慈 教授(福山大学経済学部)
報告者:入谷純 教授(福山大学経済学部(学部長))
報告タイトル:年金の効率性、所得分配そして厚生に及ぼす影響
       ―家計の異質性を考慮した年金給付制度固定モデル―


平成26年度第3回経済学研究会
日時:平成26年9月24日(水) 18:45 - 19:45
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北口校舎)
司会:泉潤慈 教授(福山大学経済学部)
報告者:早川達二 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:アルメニアのインフレ目標政策について


平成26年度第2回経済学研究会
日時:平成26年7月30日(水) 18:45 - 19:45
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北口校舎)
司会:泉潤慈 教授(福山大学経済学部)
報告者:張楓 准教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:戦後地方工業集積の産地間競争と競争力源泉―鏡台を事例に


平成26年度第1回経済学研究会
日時:平成26年5月28日(水) 18:45 - 19:45
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北口校舎)
司会:泉潤慈 教授(福山大学経済学部)
報告者:中沢孝夫 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:中小企業の人材育成(グローバル化の中の雇用制度と企業経営)


----


平成25年度第4回経済学研究会
日時:平成25年10月30日(水) 18:45 - 20:15
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北側駅前校舎2F)
報告者:増澤拓也 准教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:「中選挙区制」改革の数理


平成25年度第3回経済学研究会
日時:平成25年7月24日(水) 18:45 - 20:00
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北側駅前校舎2F)
報告者:金丸純二 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:その子の持ち味を発揮させる保健体育科の学習授業


平成25年度第2回経済学研究会
日時:平成25年6月26日(水) 18:45 - 20:15
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北側駅前校舎2F)
報告者:井手吉成佳 講師(福山大学経済学部)
報告タイトル:戦略的コスト・マネジメントとしてのライフサイクル・コスティング


平成25年度第1回経済学研究会
日時:平成25年5月22日(水) 18:45 - 20:15
場所:宮地茂記念館205号室(JR福山駅北側駅前校舎2F)
報告者:藤井隆雄 准教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:公共投資と製造業の設備投資行動―FAVARアプローチによる検証―


----


平成24年度第6回経済学研究会
日時:平成25年2月19日(火) 18:45 - 20:10
場所:宮地茂記念館(JR福山駅北側駅前校舎)205号室
報告者:桑原哲也 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:備後地域の企業経営―1902,1937,1973,2011年の企業リストに基づく鳥瞰―


平成24年度第5回経済学研究会
日時:平成24年10月31日(水) 18:45 - 20:10
場所:宮地茂記念館(JR福山駅北側駅前校舎)205号室
報告者:古市雄一郎 講師(福山大学経済学部)
報告タイトル:環境配慮行動が企業価値に与える影響(三川,塚原,古市,久松による共同研究)


平成24年度第4回経済学研究会
日時:平成24年9月26日(水) 18:45 - 20:10
場所:宮地茂記念館(JR福山駅北側駅前校舎)205号室
報告者:相原正道 准教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:ロンドンオリンピック総括とスポーツ経済学動向


平成24年度第3回経済学研究会
日時:平成24年7月25日(水) 18:45 - 20:15
場所:宮地茂記念館(JR福山駅北側駅前校舎)205号室
報告者:李森 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:中国の年金制度の問題点―年金数理における年金財政の持続性の分析―


平成24年度第2回経済学研究会
日時:平成24年6月27日(水) 18:45 - 20:00
場所:宮地茂記念館(JR福山駅北側駅前校舎)205号室
報告者:古島義雄 教授(福山大学経済学部)
報告タイトル:中国金融市場の地域的多様性


平成24年度第1回経済学研究会
日時:平成24年5月30日(水) 16:30 - 17:50
場所:福山大学1号館3階 第1会議室
報告者:入谷純 教授(福山大学経済学部(学部長))
報告タイトル:最適年金の理論

紀要

経済学研究会は、紀要「経済学論集」を年に2度発行しています。

おもに経済・経営系の論文を募集・掲載していますが,本学経済学部教員の研究分野の幅広さを反映し,経済・経営系だけでなく様々な分野の論文が掲載されています。

基本的に福山大学経済学部専任教員によって執筆された論文が掲載されますが、外部の方々からの投稿も受け付けておりますので、投稿を希望される場合は,福山大学経済・人間文化学部事務室までご連絡ください。(掲載までには多少の審査があります。投稿規程をお送りしますので、詳しくはそちらをご覧ください。)


PAGE TOP