スマートフォン用タイトル画像

経済学部 > オリジナル > Discussion Paper

経済学部 オリジナル
Faculty of Economics

Discussion Paper

趣旨

Discussion paper は,福山大学経済学部に所属する教員等の研究成果をまとめたもので,研究の促進と交流を目標としています。Discussion paper により,新成果を学界に示し,学問進展の契機を提供します。執筆者の希望により,論文をダウンロードできる形で提供します。

リスト

No. 著者名 タイトル 出版年
2009-J-001 古市雄一郎 非営利組織における外部報告会計の意義-記号会計方式の理解の観点から- 2009, August
2009-E-002 Taro Hisamatsu Edward West's Law of Diminishing Returns Reconsidered: Its Application to the Theories of Rent and Corn Trade 2009, August
2009-J-003 久松太郎 ロバート・トレンズにおける機械と失業 2009, September
2011-J-004 桑原哲也 恊働体経営の形成と展開- 工業化初期の鐘紡,武藤山治の役割 2011, June
2011-J-005 三川敦・藤岡照夫・塚原一郎・古市雄一朗・久松太郎 環境配慮行動が企業価値に及ぼす影響についての分析 2011, October
2011-E-006 Ryoji Okatani A note on the Job Matching Problem with a Generalized Adjustment Process 2011, December
2012-J-007 桑原哲也,鍋島正次郎,玉崎猛,石原進 備後における地場製造企業の歴史的展開 2012, June
2012-J-008 桑原哲也、玉崎猛、石原進 備後地域の企業経営-1902,1937,1973,2011 年の企業リストに基づく鳥瞰― 2012, October
20013-E-009 Takao Fujii, Fumiaki Hayashi and Jun Iritani Effects of Pay-As-You-Go Pension on Capital Accumulation, Welfare and Inequality 2014, February
20013-J-010 古市雄一郎・尾上選哉・石川恵子・藤井誠 非営利企業のディスクロージャー拡充のための会計理論体系の再構築 2013, March
2014-J-011 張楓 備後地域における企業の海外進出と地域経済の課題―高付加価値産業の創出と育成に向けて― 2014, October
2014-J-012 張楓 備後地域オンリーワン・ナンバーワン企業の成立と展開―早川ゴム・広島化成・福山ゴムに着目して― 2015, January
2014-E-013 Takuya Masuzawa A Full Characterization of NTU Games Derived from Off-Diagonalty  Monocone Functions 2015, February
2015-E-014 Takuya Masuzawa A Note on Coalition Merge Convexity 2016, February
2016-J-015 日野恵美子 社長在任期間のダイナミズム:戦後日本製造業670社3638人の実証研究 2016, May
2016-J-016 張楓 備後地域機械工業集積の100年−創業と技術蓄積、分業ネットワークに着目して−

2016, September

2016-J-017 中村和裕 高阪勇毅 日比野幹生 精神障害者・知的障害者に対する柔道療法の事例研究―社会医療法人清和会西川病院の取り組みから見えた柔道療法の新たな可能性- 2016, September
2016-J-018 日野恵美子 転地を主導した経営者 2017, March

(最終更新日:2017年4月1日)


PAGE TOP