アクティブ・ ラーニングで 学ぼう

STAGE.2 アクティブ・ラーニングで学ぼう

Active Learning

主体的な人材は、教員が一方的に教える講義形式の教育や学生の受動的な学修経験では育成できません。現在、学生が能動的に学修に参加できる仕組みを備えた教授・学修法を意味するアクティブ・ラーニングが求められています。それによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力を身につけることが可能です。福山大学では、このような方法を多くの授業で取り入れています。

詳しくは⇒