生物工学部 アクティブラーニングで学ぼう

フィールドワーク+SGL
■生物工学科

ワインプロジェクト

バイオテクノロジーの原点は発酵です。古くて新しい生物工学の理解を深めるため、1年次で福山特産であるブドウを自分たちで栽培し、2年次にはそれでワインを醸造します。上級生が下級生を指導しながら、どうしたら良いワインができるかを科学的に考えます。


PBL+SGD
■生物工学科

生物多様性実習

生物多様性実習では、福山大学構内に生息するアカネズミの個体群の遺伝的多様性を評価することで、大学内の建物が生物の個体群に与える影響を学びます。答えのない課題について、議論を重ねて結論を導き出します。


PBL+SGD
■生命栄養科学科

公衆栄養学実習

生活習慣病や食の安全・安心などの問題解決に向けて、公衆栄養活動を展開するために必要な栄養政策や栄養疫学について、少人数制のグループに分かれて学び、プレゼンテーション・ディスカッションを行います。



シミュレーション
■生命栄養科学科

給食マネジメント実習

給食運営・経営管理を実践的に学びます。対象者に合わせた献立を立案し、試作、栄養計算、食材発注、栄養指導媒体の作成、大量調理を行います。給食提供後は、喫食者アンケートや価格計算を行い、評価・分析を行います。


フィールドワーク
■海洋生物科学科

臨海実習(因島キャンパス)

因島キャンパスの研究施設に宿泊して、2泊3日の野外実習を行います。磯の生物観察や夜間の発光生物の採集など、生きた生物を観察して得られる経験により、感動を味わうことができます。