STAGE.2 アクティブラーニングで学ぼう

汎用的能力を身につけるアクティブ・ラーニング


主体的な人材は、教員が一方的に教える講義形式の教育や学生の受動的な学修経験では育成できません。現在、学生が能動的に学修に参加できる仕組みを備えた教授・学修法を意味するアクティブ・ラーニング(AL)が求められています。それによって、はじめて認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力を身につけることが可能です。福山大学では、このような方法を多くの授業で取り入れています。


幅広い力が身に付く

人と協力しながら、物事を進める
自ら先頭に立って行動し、グループをまとめる
異なる意見や立場を踏まえて、考えをまとめる
パソコンを使って文章・発表資料を作成し、表現する
自分で目標を設定し、計画的に行動する
文献や資料にある情報を正しく理解する
既存の枠にとらわれず、新しい発想やアイデアを出す

優れた学習効果


アクティブ・ラーニングがもたらすもの

最善の教育は「自己教育」、つまり学ぶ者が自ら頭を使い、自らに教える自学自習でしょう。ただ、「馬を水飲み場までは連れて行けても、水を飲ませられない」の譬えのとおり、放っておいては、人はなかなか学ばないもの。大学での授業方法のうち、演習、実験、実習と違って、問題視されたのは講義、それも教員が一方的に教え、学生はひたすらノートをとるのが典型の「教えと学び」のかたちでした。それを変える仕掛けがアクティブ・ラーニング。もちろん見た目だけ「活動的」ではいけません。また誰にでも、どんな内容にも有効というわけでもないでしょう。しかし、この方法で特徴的なのは、特定の知識や技術・技能を単に「知っている」のでなく、それらを「使いこなせる」ようにしようと挑戦していることです。

大学教育センター長 大塚 豊



アクティブ・ラーニングを構成する主な学修方法

問題解決型学修(PBL)

身近な問題を素材として、具体的な解決に向けて取り組む学修スタイル


スモールグループ ディスカッション(SGD)

少人数のグループに分かれ、自分の意見を述べながらグループとしての意見をまとめ、発表する学修スタイル


SGDに使用される教室の一例

ICT教室クラフト

プロジェクトラウンジ

工学部棟SGD室



サービス・ラーニング

地域に飛び出して奉仕活動などを行う学修スタイル

フィールドワーク

現地に出かけて調査・研究する学修スタイル

シュミレーション

実際の環境に合わせた条件で作業等を行い、模擬的に体験する学修スタイル



各学部で行われているアクティブ・ラーニング