スマートフォン用タイトル画像

三蔵祭 > 三蔵祭レポート > 第42回三蔵祭レポート(1)

三蔵祭 三蔵祭レポート
Sanzo Festival Report

第42回三蔵祭レポート(1)

みなさんこんにちは!
私たちは、三蔵祭運営委員会です。
去年度に引き続き、福山大学のホームページでブログを書いていきたいと思います。

今現在私たちは三蔵祭の準備を着々と行っています。
今年は昨年以上に盛り上げて、来場される皆様すべてに楽しんでいただけるように頑張っています!が、しかし私たちが具体的に何を頑張っているのかは知らない方が大多数ではないでしょうか…
そこで準備の段階からここのブログにて、報告させていただきたいと思います!
ぜひ三蔵祭当日の前から楽しんでください!!

第1回目の更新は、私、三蔵祭運営委員長の光成(みつなり)がお送りします。
今回は三蔵祭をともに引っ張っていく各部署のゆかいな部長達や顧問の紹介、そして三蔵祭のテーマについて書かせていただきます。

まずは部長たちを紹介したいと思います。


左から、
渉外部部長 安松、広報部部長 福品、特別企画主任 八若、制作部部長 伊藤、
パレード主任 古道 、学友会会長兼顧問 門野、管理部部長 高冨、企画部部長 海方、
そして中心が私、委員長 光成の以上9名が中心となって今年の三蔵祭を運営します。

つづいて、第42回三蔵祭のテーマです!
「百花斉放(ひゃっかせいほう)~咲きほこれ福大の華~」

今年は福山市制100周年という事で福山大学も三蔵祭も100年続くようにという意味が込められています。また、「花」という言葉もばらの町福山を意識しました。更に、この熟語の意味の通りすべての学部、学科、部活動、そして学生全員が自らの才を色とりどりに発揮出来るような祭りにしたいという願いも込めました。また、サブテーマはメインテーマの「花」にかけて四字熟語であるメインテーマの意味を補完できるようなものにしました。
今年度はこのテーマで頑張っていきます!!

第1回目のブログはこのあたりで!
次回は三蔵祭運営委員のお仕事についてお知らせします。お楽しみに!!!


PAGE TOP