スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > オリジナル > staff > 教員プロフィール

建築学科
Department of Architecture

教員プロフィール

佐々木 伸子(准教授)
■プロフィール

最終学歴  京都府立大学大学院博士後期課程修了
主な履歴  独立行政法人国立高等専門学校機構呉工業高等専門学校准教授
学位    博士(学術)
学位論文  高齢期グループリビングの公的供給に関する研究(京都府立大学)
担当教科  住宅計画、建築・インテリア仕上げ材料、医療福祉施設概論、医療福祉施設計画
      生活環境デザイン演習Ⅰ、設計製図演習Ⅰ、建築計画学特論


■ 主な研究テーマ

  1. 集合住宅における高齢者の孤立防止策に関する研究
  2. 住宅の消費者教育教材に関する研究
  3. サービス付き高齢者向け住宅の空間条件に関する研究

■ 所属学会

日本建築学会、都市住宅学会、日本工学教育協会

■ 主な論文

  1. The Study Programe in Mountain Villages for city children and the planning of their accommodation centres, The 10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia(2014-10)
  2. An Introduction to Special Subjects in Department of Architecture and Structural Engineering for 16 Years Old Students-A Class for Consider about Buildings through Modeling a Wall and a Floor-,International Symposium on Advances in Technology Education(2013-9)
  3. 専攻科における多角的アプローチによる少人数エンジニアリング・デザイン教育の試み —実在する市営住宅建替えを課題としてー,高専教育,35号,173-178(2012-3)
  4. 歩道におけるベンチ設置の現状と休憩空間整備の方向性 -地方都市の特定旅客施設周辺状況からの考察-、日本建築学会技術報告集、第14巻第27号、pp281-286(2008-6)
  5. コレクティブ住宅のコミュニティ形成効果とその要因 -再開発受皿公営住宅におけるコレクティブ棟と一般棟の比較より,日本建築学会計画系論文集,第580号,pp.1-8(2004.6)
  6. 公営住宅における高齢期グループリビングの支援方策−大阪府営門真御堂ふれあいハウジングを通しての考察−,日本建築学会技術報告集第17号,PP.303-308(2003-6)
  7. 高齢者向け公営コレクティブ住宅における住まい方の経年変化に関する研究−ひょうご復興コレクティブハウジング入居後4年半の継続調査より−,都市住宅学,No.43,pp54-59(2003-3)
  8. グループ・リビングの継続条件に関する研究 -広島県過疎地域小規模老人ホームの事例より、都市住宅学 No.31,pp.51-56(2000-11)

■ 著書など

  1. シニアによる協同住宅とコミュニティづくりー日本とデンマークにおけるコ・ハウジングの実践ー、共著、ミネルヴァ書房、2010年12月

■ 社会活動など

2006年    周南市交通バリアフリー基本構想策定委員会副委員長
2003-2007年 周南市男女共同参画審議会副委員長
2004年    周南市市政アドバイザー
2003-2004年 周南市地域審議会委員
2002年    徳山市行政評価委員会委員


PAGE TOP