スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > オリジナル > 高校生デザインコンペ2018

建築学科
Department of Architecture

高校生デザインコンペ2018

課題 『近未来のシェアハウス』



ファイルイメージ

 ←PDFチラシこちら




 人の住まい方は時代とともに大きく変化をしています。日本の社会は少子高齢化になり、昔ながらの祖父母と孫が一緒に住む「大家族」は珍しくなり、夫婦と未成年の子供からなる「核家族」も減ってきました。そして、若者や高齢者の「ひとり暮らし」が急増しています。この様な中で若者を中心に住宅の設備の一部(キッチンや風呂、トイレなど)をシェア(共有)して共に住む「シェアハウス」という住まい方が見られる様になってきました。生活に必要な設備や空間を家族ではない他者とシェア(共有)することで経済性や交流などの自分の求めるメリットを得ようとする住まい方です。

 これからは、一人一人がモノや空間を占有する住まい方だけではなく、誰かが何人かで何かをシェアする住まい方も広がってくるでしょう。近未来は「誰」が、「何」を、「シェア」する様になるのでしょうか。

 あなたが考える「近未来のシェアハウス」を提案してください。近未来とは、今すぐではなく、10年〜20年くらい先を想定しています。シェアする内容は、住宅の設備だけでなく、環境問題、高齢化問題、教育問題など様々な切り口があるでしょう。
身近な場所を選んで「近未来のシェアハウス」をA部門は文章や図で表現し、B部門は住宅の設計で表現してください。作品には、誰が、何人で、何をシェアするのかを明確に示してしてください。

 新しい発想のよりよい近未来の提案を期待しています。



提案部門

部門A: 文章とスケッチ・写真等を主体としたアイデアの提案
A3版用紙 1枚  手書き、パソコンでの作成いずれも可。
*シェアハウスのアイデアを説明用の写真やスケッチ、ポンチ絵等に説明文を添えて適切にレイアウトしてください。

部門B: 図面、CG等によるビジュアル表現による設計の提案
A3版用紙 1枚  図面、手描きスケッチ、CAD、CG、着色、写真など表現は自由
* シェアハウスの設計を図面やパース、模型写真などで適切にレイアウトしてください。

応募資格
2018年4月現在で、高等学校及び高等専門学校の1~3年に在学中、又はこれらと同等と認められる学校の在学生。

応募書類
1)作品:
部門A、B共に各規定サイズの紙あるいはサイズ相当の画像データにまとめて提出してください。
郵送の場合:紙の種類は問いませんが、折り曲げたり、丸めたりせず送ってください。写真やスケッチを規定サイズの台紙に貼り付けたものも可。作品裏面に所属(高校名)・氏名を記載してください。

電子媒体E-mail提出の場合: PDFファイル形式として、ファイル名を応募者氏名としてください。

2)応募者情報:
作品とは別の指定の「応募用紙(指定のA4版用紙)」に作品情報(タイトル、コンセプト;100~200字)、応募者情報(氏名・連絡先等)を記載のうえ、作品と併せて提出してください。Eメールで提出する場合は、同内容を記載のうえ、メールの件名を“高校生デザインコンペ(応募者の氏名)”として、作品を添付して送信して下さい。


ファイルイメージ

応募用紙

表彰
最優秀賞   1名        賞状及び副賞
優秀賞    部門ごとに各2名  賞状及び副賞
佳作     若干名       賞状及び副賞

       ※表彰式への参加者全員に参加記念品を贈呈します。

募集開始   2018年7月1日(金)より作品受付

応募締切   2018年9月14日(金) 郵送の場合当日消印有効

入賞者の発表 2018年10月1日(月)建築学科ホームページにて発表。また入選者には直接通知します。

表彰式    2018年10月14日(日)福山大学三蔵祭期間中
        場所:福山大学工学部新棟 2階プレゼンテーション室

審査委員   審査委員長 大島秀明(福山大学建築学科長・教授)

委員 宮地功(教授)、田辺和康(教授)、都祭弘幸(教授)、佐藤圭一(教授)、藤原美樹(准教授)、佐々木伸子(准教授)、山田明(准教授)、伊澤康一(講師)、酒井要(助教)

申込・問合せ 福山大学工学部建築学科 高校生デザインコンペ係
       〒729-0292 広島県福山市東村町字三蔵985番地の1
       TEL:084-936-2111(代表)
       E-mail:info@fuarc.fukuyama-u.ac.jp(スパム対策で@を大文字にしています)

主催 福山大学工学部建築学科

注意事項
1.応募作品は個人による作品とし、応募作品は一人1点とします。
2.提出は郵送又はE-mailのみとし、作品の持参は受け付けません。
3.作品の著作権は応募者に帰属しますが、ホームページや広報資料への掲載など応募作品の公表に関する権利は主催者が保有します。また、入賞作品につきましては所属と氏名を公表します。
4.また、応募作品は返却しませんので、必要な場合は複製を作っておいてください。



高校生デザインコンペ2017 入賞作品はこちら


高校生デザインコンペ2016 入賞作品はこちら


高校生デザインコンペ2015 入賞作品はこちら


高校生デザインコンペ2014 入賞作品はこちら


PAGE TOP