スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > オリジナル > 高校生デザインコンペ2016 『インテリアからなる建築』 講評・入賞作品

建築学科
Department of Architecture

高校生デザインコンペ2016 『インテリアからなる建築』 講評・入賞作品

 例年以上に多くの作品が寄せられました。「インテリア」という身近な言葉が、高校生には取り組みやすかったのでしょうか。しかし、いざ取り組んでみると・・・後に続く「からなる建築」に苦悶した様子が応募作品から伺えました。単なるインテリアコーディネートや新しい家具のアイデアを提案するだけの応募作品もありましたが、それらは早い段階で選考から外れました。課題の想定を超えるものは大歓迎ですが、課題から外れて、自分の趣向だけを紙面に表現したものも入選からは遠ざかります。課題が高校生にはあまりに難しいという意見もあり、内部空間や和の室礼、都市・集落など、「インテリアからなる建築」のヒントを散りばめて多少誘導した課題文ではありましたが、両部門とも課題を読み切って、それを超える大胆な提案した力作が入選作品となりました。

最優秀



「影のインテリア」
 横山敦美(明石工業高等専門学校)


部門B:図面、CG等によるビジュアル表現


優 秀


「PLANET」
 井本遥香(高知県立高知工業高等学校)


「和楽家 WAGAYA ~家族がつながるインテリア~」
 長瀬優里(高知県立高知工業高等学校)


佳 作


「成長記録 ~メモリアルインテリア~」
 天野杏菜(山梨県立富士北稜高等学校)
    


「盆栽茶寮 Bonkei Bonsai」
 板橋昭人(兵庫県立尼崎工業高等学校)
    


「AQUA HOUSE」
 竹崎迅(静岡県立科学技術高等学校)


「松林の案内処」
 福井舞(静岡県立科学技術高等学校)


「No rack, No life」
 若生悠(東京都立田無工業高等学校)


 部門Bでは、インテリアと建築及びそれらの関係性について考えられた様々な提案が寄せられました。最優秀作品になった「影のインテリア」は、広間というワンルームの建築空間を障子で囲むというシンプルな内部空間の提案です。障子には太陽の光を通過する幾つかの模様が施され、内部空間内に光と影を落とし、さらに、その光と影は時間と共に様々に変化し、外部の池の反射光までも内部空間に取り入れています。この作品は、障子とワンルーム空間という少ない要素によってつくられた内部空間内に、光と影による豊かな体験の場が提案され、内部にいながらも外部を感じることができるという内部と外部との関係にも踏み込んでおり、コンセプトの明快さも評価され、最優秀案となりました。追記として、夜の月の光による影が障子に影絵のように映し出されるという情景なども考えられ、昼間だけではなく夜の影についても提案されるとさらに魅力的な作品になったでしょう。

 優秀作品となった「和楽家」は、家族のつながりを実現するために、インテリアの捉え方として、個々の室内空間ではなく各室の配置関係、空間としてのつながりをもとに提案されています。1階に設けられたLDKは床のレベル差のあるスキップフロアが採用され、家族間のコミュニケーションを促す工夫がされています。寝室のある2階は、各寝室が自己完結することを避けるために、家族が共用で使えるウォークインクロゼットと書斎、スタディルームが設けられています。この作品は、1階と2階とのつながり、吹抜け空間の扱いなど改善の余地もありますが、インテリアを各室の相互関係に着目して捉え、細部まで丁寧に表現された内容を評価され優秀案となりました。もう一つの優秀案の「この話は小さな町の1つのおうちの話・・・」は、立方体のリビングルームの上部に3つの球形の寝室がはまり込んだ構成とし、リビングルームから球形の各寝室をインテリアのエレメントとして見ることができます。さらに、各室からは星を眺めることができるようになっており、リビングルームから見ると球形の各室が、あたかも天体の一部のように感じられます。この作品は、インテリア空間である寝室そのものをリビングルームのインテリアエレメントとし、さらに、宇宙空間にまで組み込んでしまうという他の案にはない構想力も評価され優秀案となりました。(以上、審査委員O)


部門A: 文章とスケッチ・写真等を主体とした表現

優 秀
    「畳からなる仮設住宅」 井口正隆(京都市立伏見工業高等学校)
    「自然に囲まれた家」 後藤利咲(山梨県立富士北稜高等学校)


佳 作
    「インターエリア」 青谷夏野(京都市立伏見工業高等学校)
    「木の家」 雨宮帆乃加(山梨県立富士北稜高等学校)



 文章中心の部門Aですが、部門Bと遜色のない模型写真やCG、手書きパースなどを使った作品が多かったことが今年の特徴です。少し構成を変えて、もう一踏ん張りすると、ビジュアル中心の部門Bに応募できるようなものもありました。両部門から1点のみの最優秀賞は部門Bから出ましたが、部門Aの優秀賞2点、佳作2点の作品とも、その構想力では遜色ないものでした。以下の講評にも少し触れますが、来年度からは両部門からなるこれまでの当コンペのあり方を少し変える必要があるかもしれません。

 その表現力も伴って優秀賞となったのは、「絵が好き」な自分のための家をテーマ設定した「自然に囲まれた家」です。森の中の全面ガラス張りの家は、ミースの「ファンズワース邸」やフィリップ・ジョンソンの「ガラスの家」を思わせるものです。高透過ガラスを用いて、内部空間と森が「建築」を介さず直接一体となるということが、色鉛筆を使った抜群の描画と文章が一体となって表現されており、その点で高評価を得ました。巨匠の時代のガラス建築は透明を謳いながら、やはりそこに確かな一枚の壁があったというのでしょうか。フレーム(柱や梁や枠)さえ省略して、高透過ガラスだけで囲まれた内部空間のみが存在するという。そこに空間が存在するだけの透明建築が提案されました。造形力、描写力を磨いて、部門Bにもチャレンジして欲しいところです。

 もう一点の優秀賞は、「畳からなる新しい仮設住宅」という社会問題を真正面から捉えた、高校生離れした文章構成と洞察力、そして造形力でした。冒頭、近年の自宅改装で家中から畳が取り払われたことを嘆きつつ、(何故か?)自分の部屋にだけ畳が残ったことに触れて論が展開します。畳の機能や歴史を簡潔にまとめて、畳の歴史考察から語源となった「たたむ」という機能を抽出し、「畳シート」という弾力性のある薄い新しい建材を提案します。そして仮設住宅へ適用するのですが、これをステレオタイプ的な「身体に負担が少ない柔らかく暖かみのある床材」として扱うのではなく、巨大な畳シートをクルッとずらしながら丸めて、屋根と壁と床を一体構成する建築に仕立てたスタディ模型を提示します。さらに、反響や高湿を和らげる畳の機能を「包み込む」という語感に置き換え、心理学の学説も援用して被災者の精神的安定実現にまで言及してみせます。見事と言う他ありません。もちろん実現不可能なアイデア段階で、文章は高校生なりのところはありますが、言葉(=思考力)と造形力の伴った建築家になることが期待されます。

 佳作の「インターエリア」は、部門A,Bを通じて、インテリアを内部空間と捉えた数少ない作品であり、その構想力と造形力は最優秀にも近いものでした。ローマの「パンテオン」やブーレーによる「ニュートン記念堂案」を想起させる地下に埋められた完全球体の巨大空間と、その外側に球体内部へと誘う二重螺旋階段をCGで表現して、明解に地下の空間構成を提示します。フリードリヒ・フレーベルの恩物やDNA、アフォーダンス、プルキニェ現象からはじまり、神秘、宗教、完全、精神、非日常、隔絶、永遠など高校生には難解と思われる有形無形のコトやモノを、小難しい建築家の言説のように弄ぶのではなく、完全球体地下空間の提示と同様、明解に、そして軽やかに紡いで論を展開させます。内部と外部を繋ぐ空間が少々破綻しているようですが、現実をいとも簡単に倒錯させては、また現実に戻れる若い大胆さの表れだと評価します。スケール感と表現力をさらに磨けば、これも部門Bでも挑戦できる作品でした。読書が好きな高校生だと想像しますが、「アイデアは入れなければ、出ない」ことを感じた作品でもありました。

 もう一点の佳作「木の家」は、自生する太い木をくり抜いた「バオバブの木の家」を思わせるもので、特に目新しい空間の提案ではないのですが、「インテリアからなる建築」の想定外の模範解答だと言えます。バオバブの木の家は、バーナード・ルドフスキーが、当時の世界画一的な近代建築に警鐘を鳴らすため、1960年代にヴァナキュラー(土着的な=地域風土に根ざした)住居の一つとして例示したものです。応募者は幼い頃、自分だけの空間欲しさから「秘密基地」に憧れ、削り取られた荒々しい木肌とその匂いに喜びを感じたいという。森に潜む「バオバブの木」をくり抜くことによって、理想とする木造の内部空間(インテリア)からなる家(建築)を瞬時に創り出してしまいました。切り貼りして紙面上に立体感を出した、だまし絵のような素朴な描写が、強烈に嗅覚と触覚に訴えかけてきました。(以上、審査委員S)


PAGE TOP