スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > びんご建築女子のキャリア講演会

建築学科
Department of Architecture

びんご建築女子のキャリア講演会

ライフスタイルに合わせた仕事のしかたについて学びました!

びんご建築女子運営メンバーの武田楓多葉です。
私たちは8月6日にびんご建築女子のOGの先輩によるキャリア講演会を行いました。
今回講義をして下さったのは、株式会社ろんでんアトリエの小林愛さんです。
小林さんには、以前も講義をして頂きました。その時は、福山で活躍する女性現場監督としてのお話を聞かせていただきました。
小林さんは大学卒業後、福山市の建設会社に就職し女性現場代理人のパイオニアとして活躍されていました。
今回の講義では施工管理から転職をして、設計士として働く小林さんの仕事内容やエピソード、プライベートな事などを教えてくださいました。



講義中の小林さん

 

 

まずは仕事内容です。小林さんが務めているのは、設計と施工をする会社です。担当する仕事は名刺上では設計士となっていますが、仕事内容的には営業職です。単に設計をするだけではなく集客をし、話をよく聞いてお客様に満足してもらえる提案を考えるそうです。また、その他にも現場サポートやマーケティングサポートなどもやっています。

株式会社ろんでんアトリエでは新築だけでなく、リフォームやリノベーションを受け持っています。
リノベーションとは、建っている建物の骨組みを活かしつつ間取りをかえることです。古い建物をする時は設計図面が残っておらず、現場に行き自分たちで寸法を取り、図面におとしていきます。そのため、新築より仕事量が多く大変です。
設計に転職してからも、現場監督として働いた経験はとても役に立っているそうです。例えば、図面を書く時も現場目線から見ることでより細かくわかりやすく書くことができます。すると、施行する側もスムーズに施行に取り掛れるそうです。

資格取得も積極的にしているそうで、今はフィナンシャルプランニングというのを勉強しているそうです。フィナンシャルプランニングとは、節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、様々なお金に関する資格です。建物を建てる時にはお金が必ず絡むということもあり、設計=営業の会社では必要になってくるそうです。
プライベートも充実していて、もうそろそろご結婚される予定で、結婚式の準備をしている真最中です。おめでとうございます!!!
今回の講義を受けて、小林さんは人生設計がきちんと出来ていている素敵なキャリアウーマンであることがわかりました。自分の幸せについてしっかり考えて行動していてすごくかっこよかったです。私も残りの大学生活の中で自分の幸せについてしっかり考え、いつか小林さんみたいになりたいです。



講義中はみんな真剣!!!

 

 



集合写真(中央 小林さん)

 

 


PAGE TOP