スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > 宮島の地域拠点施設(旧宮島支所跡地)整備事業現場見学会

建築学科
Department of Architecture

宮島の地域拠点施設(旧宮島支所跡地)整備事業現場見学会

 平成30年8月7日(火)に五洋建設のご好意により、廿日市市が発注した地域拠点施設(旧宮島支所跡地)整備事業の工事現場を見学させて頂きました。福山大学の建築学科から、4年生6名、3年生6名、2年生5名の計17名が参加しました。福山大学から宮島の地域拠点施設へは、宮島口までスクールバスで、宮島口から宮島へはフェリーで渡りました。宮島に到着は、丁度、干潮時にあたり、鳥居まで歩いていくことができました。これも貴重な体験です。


干潮時の鳥居

 

 

 13時頃から現場事務所にて、建物の計画と工事概要・工程を所長から説明して頂きました。この工事は、約1.5年をかけて旧宮島支所を安全に解体し、その後に約1.5年で新しい地域拠点施設(下記パース参照)を建設するというプロジェクトです。


地域拠点施設完成予想パース

 

 


現場事務所での工事概要説明

 

 

 工事現場では、この旧宮島支所の解体状況を見ながらその構造的な特徴や苦労した点などについて詳しく教えて頂きました。


解体現場での説明の様子

 

 


現代ではめずらしいワッフルスラブ

 

 

 現場見学を終えた後、現場事務所にてこの工事に関する質疑応答が行われました。地域拠点施設の完成は、まだ2年以上先なので、それまでに何度か宮島を訪れることがあるかもしれません。完成が非常に楽しみです。

 五洋建設さんの計らいで、学生たちからの建設業界に関する率直な質問の機会を作って頂きました。建設業界における職場環境や休日取得状況、資格勉強やさらには個人的なことなどなど、様々な質問に対して、若手現場技術者の方々に懇切丁寧にご回答頂きました。学生にとっては非常に有意義な時間だったと思います。


現場見学後の歓談の様子

 

 


現場手前で記念撮影

 

 

 五洋建設の皆様、お忙しい中、貴重な経験だけでなく、学生の質問に真摯にご対応頂き、誠に有難うございました。
 
 

建築学科 都祭弘幸

 

 


PAGE TOP