スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > 東京建物見学会を実施しました。

建築学科
Department of Architecture

東京建物見学会を実施しました。

建築学科では毎年、建築を学ぶために見学旅行を行っています。建築物や空間を実際に体験することが、建築の学習には必要なのです。今年も、6月21日と22日に東京に行き建築物の見学を行いました。1日目は、恒例の有楽町駅前にある東京国際フォーラムのガラス屋根のある吹抜けの大空間を体験しました。


東京国際フォーラム

 

 


その後、銀座通りを歩き、ミキモトビル、ブルガリ、ルイビトン、シャネルなどのブランドビルを見て、ユニークな建築物が数多くある表参道に行きました。最初に、ガラスのプリズムのような外観のプラダブティックビルを見ました。外壁は、斜め格子構造という日本でも殆ど事例のない構造形式を採用した建築物で、内部は包まれるような空間です。それ以後は、毎年の見学ルートであるフロムファーストビル、安藤忠雄設計のコレッツイオーネ、ボルトフィーノ、ルイビトン、ディオール、ジャイルなどを見た後、オープンカフェで休息し、見学した建物について感想を話し合いました。その後、藤本荘介設計のビルを見て乃木坂に移動し、国際新美術館に行き、吹抜けの大空間を体験しました。


プラダブティックビル             表参道 謀ビル

 

 



東京ミッドタウン21_21 DESIGN SIGHT

 

 



国際新美術館

 

 


国立新美術館                    新宿NSビル

 

 




2日目は、西新宿の新宿アイランドタワー地下のアクアプラザにて開催された「JIA全国学生卒業設計コンクール2018」の公開展示会と公開審査会に立会いました。会場まで超高層ビル街を歩きやっと会場にたどり着きました。全国の地区にて開催された審査会を通過した優秀作品が集められ、どの作品も力作でした。しかも、製作者本人が作品の傍らに居て質問に答えてくれ、その製作意図を説明してもらえるので、非常に参考になりました。途中、西新宿のNSビルを見学し、世界一大きい振り子時計のある吹抜け空間を見て、29階の空中廊下を歩き、レストラン街で昼食をとりました。その後、また展示会場の戻り、公開審査に立ち会いました。今回の体験学習をもとに、学生たちは自身の卒業設計作品を仕上げていくことを期待します。

担当:大島秀明 教授


PAGE TOP