スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > 特別講義(インテリア計画)

建築学科
Department of Architecture

特別講義(インテリア計画)

5月29日(火)、「インテリア計画」において、竹野木材様をお招きし、特別講義を実施しました。



福山市松永は、下駄の町として知られています。

現在も松永の港には多くの木材が海に浮かべて保管されています。

その松永の地で、竹野木材さんは、70年間近く、木材や建材の販売、プレカット加工などを行われています。



本日の特別講義は、代表取締役社長・松浦寛治様、常務取締役・松浦啓文様に、
「木材における現状と今後の展望」について、主に下記の内容をお話しをいただきました。

1.日本の森林について
  森林の役割、木材需給状況と木材の用途ほか

2.住宅建築と木材の関わり
  木材の流通経路、プレカット加工ほか

3.日本の建築業界を変える新素材(CLT)
  CLTのメリット、施工事例ほか



今回は、構造材の針葉樹、主に内装材の広葉樹、集成材などのサンプルとプレカットされた継手を見せていただきました。

実際の檜のチップの香りや手触りの体験をすることができました。



受講した学生は多くの刺激を得たようでした。大変有意義な講義をしていただき、ありがとうございました。


担当:藤原美樹准教授


PAGE TOP