スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > 周南市庁舎新築工事現場見学会

建築学科
Department of Architecture

周南市庁舎新築工事現場見学会

 平成29年8月22日(火)に五洋建設のご好意により、周南市新庁舎建設工事現場を見学させて頂きました。福山大学の建築学科から、4年生5人、3年生12人の計17人が参加しました。福山大学から周南市庁舎までは、スクールバスで片道休憩を含めて3時間弱でした。


 13時前から現場事務所にて、工事概要やBIM(Building Information Modeling)を使った建物計画・完成イメージについて説明して頂きました。その後、工事現場に行き、新庁舎の構造的な特徴や実際の建設状況・作業内容について詳しく教えて頂きました。


現場事務所での工事概要説明


現場での説明の様子


3階床のコンクリート打設状況に立ち会えました


免震ピットでの免震装置の説明(写真は、天然ゴム支承)


 見学会の22日(火)は、雨が予想されていましたが、一転、非常に暑い日となりました。今年の中国地方は異常に暑い日が続き、熱中症警報が発令される毎日です。大学でも注視していますが、建築現場は体を動かすので十分な注意が必要です。現場では、各所に水分補給所やミスト発生機があり、安全管理が行き届いていることに私も学生も感心しました。


ミスト発生機


 現場から事務所に戻り、現場を見学しての感想と質疑応答がありました。様々な質問に対して工事所長からご丁寧な回答を頂き、学生はたいへん役に立ったことだと思います。


 私からお願いして、現場事務所に展示してある様々な建築材の見本についてもご丁寧にご説明頂きました。学生は見本を手に取り肌で感じることができ、大学では学べないことを経験できたのではないかと思います。


 五洋建設の皆様、お忙しい中、貴重な経験をさせて頂き本当に有難うございました。

担当:都祭弘幸


PAGE TOP