スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > オープンキャンパス 第1回 体験入学会

建築学科
Department of Architecture

オープンキャンパス 第1回 体験入学会

7月16日(日)に開催された体験入学会の様子をご紹介します。

体験入学会では「建築模型の製作体験」といった参加者が自分で手を動かして何か作るワークショップ系のメニューが用意されています。

また、建築学科の最大の特徴になる「卒業設計」で制作された模型作品の見学と解説も用意されています。

開催されたメニューのうちワークショップ系のイベントを中心に紹介していきます。


建築ワークショップ 「建築模型をつくってみよう!」



簡単な作業を通して、新しい知識を身につけてもらうための「なりきり建築家シリーズ」企画です。

テーマ作品は、近代建築の巨匠「ミース・ファン・デル・ローエ」設計住宅「ファンズワース邸」です。

従来の“重たい建築”から“軽やかな建築”へと流れを変えた画期的な住宅作品を、1/200模型で作ってみようという内容です。



カッターと接着剤を手に住宅を作り上げていきます。

もちろん、在学生スタッフが応援してくれるので、少し難しいところもバッチリできていきます。

最初は戸惑い気味だった皆さんも終盤には作業にもなれて模型づくりに没頭していました。



オープンキャンパス 第2回 体験入学会 8月20日(日)
建築ワークショップ「建築模型をつくってみよう!」へはこちら

お申込みこちら


建築学科 概要説明



建築学科での学びの内容や特徴について学科長の大島教授から紹介説明がありました。

「自分で考えたものが形になり、実際に建ったときの感激を味わいたい人」、「デザインが好き、自分の作品をつくりたい人」。

建築学科とは、将来そのような仕事をしたい人のための学科です。


学生による建築学科キャンパスライフ紹介!&なんでも相談会



在学生から高校生へ向けて体験談が披露されました。

高校時代から始まり、現在の学習・クラブ活動・アルバイトなど、さらには就職活動に至るまでの色々なことについて語ってくれました。

参加した高校生の皆さんにとって、疑問や不安なことがクリアになったのではないかと思います。



大型構造実験設備の見学



建築学科のもう一つの拠点である30号館に移動して、構造実験設備の見学です。

30号館は「安全安心防災教育研究センター」と称されており、地震を想定した構造実験を行なうための大型実験設備が整えられています。

西日本トップクラスの巨大な実験機器をそばで見ながら、どのような実験・研究が行なわれているかについて説明がありました。



卒業設計模型作品の見学



建築学科で最も特徴的な「卒業設計作品」の見学をしました。

それぞれの作品について、学部4年生が解説を担当しました。


暑い中、朝の10:00から15:00までの長時間にわたって参加してくれました皆さん、お疲れ様でした。


PAGE TOP