スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 建築学科 > 一級建築士試験に11名が合格

建築学科
Department of Architecture

一級建築士試験に11名が合格

 12月15日(木)に『平成28年度一級建築士試験「設計製図の試験」の合格者の発表』があり、福山大学工学部建築学科出身者の11名が合格となりました。

 国家資格である一級建築士試験は、「学科の試験」に合格し、さらに「設計製図の試験」に合格することが必要な難関試験です。平成28年度試験では、実受験者数 30,648人に対して、合格者数が 3,673人(12.0%)という結果でした。

 国土交通省住宅局建築指導課による公表資料として、一級建築士試験の受験資格に「学歴」を選択して合格した人数を集計した『一級建築士試験「設計製図の試験」の学校別合格者数一覧(10人以上)』が発表されています。この資料に掲載された福山大学出身の合格者数は10名となっており、「二級建築士」の実務経験を受験資格として申し込んだ1名を加えた計11名が合格となりました。

 国土交通省に一級建築士受験資格に必要となる指定科目を確認申請済みである学校総数 285校(平成28年4月26日現在)のうち、大学は154校(募集停止校を除く)であり、中四国地方のみにキャンパスを持つ大学は14校(募集停止校を除く)となっています。なお、広島県東部備後地方においては唯一の大学となっています。

 福山大学出身の合格者数は、中四国地方のみにキャンパスを持つ一級建築士受験資格を持つ大学の中では4番目、私立大学のみでみると2番目となる合格者数になりました。

詳細こちら

■資料出典
公益財団法人 建築技術教育普及センター 一級建築士試験指定科目の確認結果


PAGE TOP