スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 教員紹介 > 藤原 美樹

建築学科 教員紹介
Department of Architecture

藤原 美樹(ふじわら みき)

【職名】

准教授

【学位】

博士(工学)

【専門分野】

建築歴史・意匠

【担当科目】

デザイン論、建築計画Ⅰ、インテリア計画、福祉住環境、ユニバーサルデザイン論など

【メッセージ】

近現代の建築や家具の研究を行っています。それらのデザインは、社会背景やさまざまな芸術文化との連携により成立しています。当時の社会や文化が、建築や家具のデザインにどのような影響をもたらしたか。。。。明らかにする試みを行っています。

【リンク】

研究者情報 オリジナルホームページ

■西村伊作の倉敷教会設計とその背景

倉敷教会会堂の設計について、当初の設計者であったW.M.ヴォーリズ(1880-1964年)から、西村伊作(1884-1963年)へ設計者が変更された経緯について検証を行っています。これまで西村伊作研究において言及されることのなかった、倉敷教会堂設計の経緯について、利用可能な資料の範囲にあって検証しています。

倉敷基督教会


■生活改善を試みた西村伊作の家具設計に関する研究

西村伊作は、自邸での生活実践を通して生活改善をめざし、家族とともに楽しむことを主眼に家具をデザインしました。西村伊作の作品を顧み、調査研究を行っています。調査対象は、椅子、食卓、鏡台、リクライニングチェアです。これらの家具は、モダニズムの中に日本的意匠がみえるものです。なかには、部品が欠損し、実体をもたないものがありますが、それらの復元作業等を行うことで、西村伊作の設計理念の一端を明らかにします。

旧林桂二郎邸家具


■ジョージ・ナカシマのデザイン意匠に関する研究

ジョージ・ナカシマは、日系の家具デザイナーです。自然を愛し、日本を愛し、アメリカを愛した。木の素材を生かすデザインでつくられた椅子やテーブルのデザイン意匠について研究しています。特に「麻の葉」意匠について、調べています。

Odakyu Cabinet


教員一覧に戻る

PAGE TOP