スマートフォン用タイトル画像

建築学科 > 学科紹介 > Pick Up ゼミ

建築学科
Department of Architecture

Pick Up ゼミ

藤原研究室


Pick Up ゼミ1

現在「水上生活者の子どもむけに設置された児童福祉施設の総合的研究」、「瀬戸内海沿 岸の漁民住宅形成に関する研究」、「西村伊作の家具設計に関する研究」などのテーマに取り組んでいます。研究をとおして、住生活の向 上をめざした当時の生活やデザインを明らかにし、今後の豊かな暮らし方について探求していきます。
 研究室では近代、倉敷において活躍した浦辺鎮太郎氏や 西村伊作氏の建築にみえる建築設計理念と室内意匠の検証などを 行っています。これらの研究を通して、デザインの変遷を知り、 時代に合った設計の提案がどのようにされてきたかを明らかにすすこみえるとともに、これからの時代の 変化、生活様式の変化に対応した 建築のあり方について提案する試みを行っています。
 また、医療・福祉施設のインテリアや飲食店におけるインテリ アと居心地との関係などについても研究を行っています。インテリアは、色彩、照明、家具などの計画を中心に、手触りや質感な ど、わたしたちの生活を豊かにしてくれる大切な要素です。インテリアをデザインする楽しさを学び、社会で活躍できる技術者やクリエーターをおくりだすことを目指しています。

山田研究室


Pick Up ゼミ2

地震・台風・積雪などを受けたときの建築物の安全性については『建築構造』という分野が担っています。昨今の自然災害から『防災』や『安全』に対する社会的関心が高まりつつある中で、建築構造が担うべき役割と社会的責任はますます増しています。
 研究室では、我が国では避けては通れない『地震』に対して、建築物がどうあるべきかを研究し、新築時の耐震設計法、および既存建築物への耐震補強法の開発に取り組んでいます。建築物には鉄筋コンクリート造、鉄骨造などの様々な構造種別があり、その中でもとくに木造と鉄筋コンクリート造を扱っています。また、建築構造といっても専門分野は多岐にわたり、研究的アプローチは様々です。その中で研究室では、耐震工学の観点からの研究に取り組んでいます。


PAGE TOP