スマートフォン用タイトル画像

教務課 > 業務 > 気象警報発令時の授業措置

教務課
Academic Affairs Division

気象警報発令時の授業措置

1.気象警報発令時の授業措置


 (1) 授業開始以前に発令の場合
  福山市または尾道市のいずれかに,次の気象警報のうち,いずれかの警報が1つ以上発令
 されている場合には,以下の措置をとるものとする。
 <警報の種類>
  ①暴風,②大雨,③大雪,④暴風雪

気象庁のホームページ

 <措置>
  発令・解除時刻と授業(試験を含む,以下同じ)対応
発令・解除時刻 授業の開始時刻,休講等
午前6時~9時に発令されている。 午前中一斉休講
午前9時現在,解除されている。 3時限目より授業
午前9時現在,発令されている。 3時限目以降も一斉休講
  以下の場合は一斉休講とはならない。
  ア.上記警報①~④が福山市・尾道市以外の近隣地区で発令されていても,この二市では
   発令されていない場合
  イ.上記警報①~④以外の警報の場合

  これらの場合,学生は状況によっては自宅待機や登校停止等,安全に配慮した適切な行動
 をとること。なお,ア.の警報発令地区の学生及びイ.の警報の影響を受ける地区に在住の
 学生は公認欠席の対象となる。
 
 (2) 授業開始後に発令の場合
  授業開始後に,福山市・尾道市及びその近隣地区に上記警報①~④のいずれかの警報が
  1つ以上発令された場合の休講措置等については,その都度大学の判断により決し,周知
  するものとする。但し,何の通知もしない場合は平常どおりの授業を行うものとする。

2.公認欠席の取り扱いについて


  気象警報の発令に伴って,通学に支障が生じた場合には,学生は事後,3日以内にその旨
 を教務課に届け出ることにより,出席できなかった授業を公認欠席扱いとすることができる。
  その際,その事由を明らかにすること。また,証明書等(交通機関の遅延・運休証明書等)
 がある場合は,同時に提出すること。なお,一斉休講とならない場合の警報発令地区の学生
 は,その旨を教務課に届けることにより公認欠席の対象となる。

3.一斉休講等の通知方法


  警報発令や交通機関の運行停止等への対応について,学生はその状況をマスコミのニュー
 ス等で確認したうえで判断するものとする。大学当局はできる限り速やかにゼルコバにより
 周知するが,ゼルコバによる対応ができない状況においては,基本的に上記の「1.気象警
 報発令時の授業措置」に従って措置するものとする。

4.一斉休講に係る授業の取り扱い


  一斉休講となった授業については,原則として後日,補講及び試験を行うものとする。

PAGE TOP